「ナイトミュージアム」脚本家コンビ、エクソシスト・コメディで監督デビュー

2012年3月22日 22:20

ふたりで監督デビュー
ふたりで監督デビュー

[映画.com ニュース] ベン・スティラー主演「ナイトミュージアム」シリーズの脚本家トーマス・レノンロバート・ベン・ガラントが、新作ホラー・コメディ「ヘル・ベイビー(Hell Baby)」で監督デビューを飾る。

俳優ロブ・コードリー(「ベガスの恋に勝つルール」)と女優レスリー・ビブ(「アイアンマン」)演じる出産を控えたカップルが、ニューオーリンズの古い家に引っ越してきたところ悪魔の赤ちゃんによる呪いに悩まされ、バチカンのエクソシストチームに助けを求めるというストーリー。メガホンをとるレノン&ガラントが、エクソシスト役で出演も兼ねる。米Wrapによれば、4月にニューオーリンズでクランクインする。

レノン&ガラントは、「ナイトミュージアム」シリーズを含め「TAXI NY」「ポリス・バカデミー/マイアミ危機連発!」「燃えよ!ピンポン」など、これまで8作品を共同で執筆してきた。コンビでの監督は今回が初めてだが、ガラントは単独で「ポリス・バカデミー/マイアミ危機連発!」「燃えよ!ピンポン」を監督している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース