名匠O・イオセリアーニ、タルコフスキーとの交流秘話明かす

2012年2月17日 13:45

映画論を語るオタール・イオセリアーニ監督
映画論を語るオタール・イオセリアーニ監督

[映画.com ニュース] 旧ソ連体制下のグルジアを離れ、1979年からフランスを拠点に映画を撮り続けている名匠オタール・イオセリアーニ監督の4年ぶりの新作「汽車はふたたび故郷へ」が公開される。自分の信念を曲げずに映画を撮りたいと願うグルジアの若き映画監督が、自由を求めてフランスへ向かう姿を描いた半自伝的な作品だ。

ゆったりとしたリズムの中に、優しいまなざしで個性豊かな人々を描き、社会風刺のきいたユーモアをしのばせる。人生のほろ苦さと、自由を追求する人間の姿が本作でも詩情豊かに描かれている。監督にとって映画は、せりふではなくリズムが大切だという。

「映画は時間の中で流れる芸術です。その点、ダンスや音楽に似ています。そして不可逆的にダンスと音楽にはリズムとテンポがあります。リズムという概念は、存在するあらゆる概念、職業にとって重要です」

カットバックやクローズアップは用いず、長いワンシーン、ワンショットが特徴だ。長さを好む理由をこう例える。「ギリシャの大詩人、ホメロスはとても長い叙事詩を書いています。ロシアの女詩人、アンナアフマートワはホメロスの詩について、『何と愛すべき長さ!』と言いました。このように長い詩であれば、読む者にとってその間にリラックスしてじっくりと考える時間があります。同じ作品の時間の中で、例えば2時間の作品を早回しにして、1時間に縮められるとする、そうすると何もかもが失われてしまうと思うのです」

アンドレイ・タルコフスキーフェデリコ・フェリーニルネ・クレールジャック・タチマノエル・デ・オリベイラ……ヨーロッパ映画史に燦然とその名を残す巨匠たちと親交を持ち、互いに刺激し合いながら自身は今年78歳を迎えた。タルコフスキーとビール1本を賭けて、カットつなぎ数の少なさを競って勝ったというエピソードを、笑みを浮かべながら明かす。

「見かけは老人に見えますが実は心の中は18歳なのです。18歳の時と同じことを今も考えていますし、私は80歳になっても同じことを考え続けるでしょう」。そして、これから映画製作を目指す者へ向けこう語る。

「我々はいつかは死んでいく人間ですから、苦しみ考えます。そしてその終わりは悪いことだと知っています。だから人間はお互いに連帯することが必要です。金儲けのことや、生活は惨めだとばかり考えていてはいけません。自分の世界と民族と共に生き、良いものを作って他の人々を助けてあげて下さい。我々が手を取り合わないといけません。手を取り合うこと、それこそが本当の映画だと思うのです」

汽車はふたたび故郷へ」は2月18日岩波ホールで公開。

(映画.com速報)

ここに幸あり[DVD]

ここに幸あり[DVD]

名匠オタール・イオセリアーニが贈る人間賛歌!!立身出世の道を踏み外した中年男性を主人公に描くコメディ・ドラマ
ローラーとバイオリン[DVD]

ローラーとバイオリン[DVD]

アンドレイ・タルコフスキー監督が、学生時代の卒業制作に製作し、ニューヨーク国際学生映画コンクール第1位に輝いた作品。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース