「俺たちに明日はない」リメイク版、主演女優ヒラリー・ダフが降板

2011年8月24日 11:18

ボニー&クライドは誰がやる?
ボニー&クライドは誰がやる?

[映画.com ニュース] 先日、第1子妊娠を発表した歌手・女優のヒラリー・ダフが、主演するはずだったリメイク版「俺たちに明日はない」を降板したことが明らかになった。

アーサー・ペン監督、ウォーレン・ベイティフェイ・ダナウェイ主演の1967年のオリジナル版は、30年代に実在した男女2人組の銀行強盗ボニーとクライドの青春を描いたアメリカン・ニューシネマの傑作。約2年前にダフとケビン・ゼガーズ主演でリメイク企画が浮上したが、その後なかなか進展がなかった。

米メディア各誌によれば、リメイク版「The Story of Bonnie and Clyde(原題)」の製作陣は、ダフが8月14日に妊娠を発表した直後から、新たなボニー役女優の獲得に乗り出したようだ。そのため、ダフが妊娠したことからクビになったとの噂が広まったが、トニャ・ホリー監督とプロデューサーのトム・ロジャースはこれを否定。ダフから来年6月まで都合がつかないと申し出があったと主張している。

なお、クライド役のゼガーズもスケジュールの関係で降板しており、製作陣は別の俳優を探しているところだ。同作は、出資者や海外配給の予定上、早急にキャスティングを進め、今秋クランクインする必要があるという。

妊娠による降板については過去、女優ハンター・タイロが米人気ドラマ「メルローズ・プレイス」を降ろされてプロデューサーを起訴。タイロは勝訴して480万ドルを得たが、結果的に同作には出演しなかった。

(映画.com速報)

俺たちに明日はない[DVD]

俺たちに明日はない[DVD]

最安価格: ¥808

大恐慌の30年代、テキサス州ダラスを中心として銀行強盗を繰り返し、派手に暴れ回るボニーとクライドの壮絶な青春を描いた、ニューシネマの先駆的作品。
シンデレラ・ストーリー 特別版[DVD]

シンデレラ・ストーリー 特別版[DVD]

最安価格: ¥880

シンガー、ヒラリー・ダフ主演による、ハート・ウォーミングな現代版「シンデレラ」の学園ロマンス。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース