イケメン俳優ローガン・ラーマン、新作で父の愛人を略奪

2011年4月19日 17:41

新作で父の不倫相手と交際
新作で父の不倫相手と交際

[映画.com ニュース] 若手イケメン俳優のローガン・ラーマン(「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」)が、新作「The Only Living Boy in New York(原題)」に主演することが決定した。

ごう慢な父に愛人がいることを知った青年が、2人の情事を終わらせるため、父の不倫相手と交際。一風変わった隣人のアドバイスを受けながら、愛について学んでいくというストーリーのようだ。米Deadlineによれば、ラーマンは主人公の青年を演じる。

セス・ゴードンが監督、アラン・ローブが脚本を務める。今秋クランクインし、2013年全米公開の予定。

ラーマンは、クリストフ・ワルツオーランド・ブルームミラ・ジョボビッチと共演した新作ロマンチックアドベンチャー「The Three Musketeers(原題)」が、10月に全米公開される。また、エマ・ワトソンと共演の「The Perks of Being a Wallflower(原題)」が、2012年に全米公開予定だ。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース