吉高由里子、“彼氏”5人とのキスに「ありがたい」

2010年12月14日 19:50

共演した男性陣も吉高の魅力に釘づけ
共演した男性陣も吉高の魅力に釘づけ

[映画.com ニュース] 女優の吉高由里子が3年ぶりに主演を務める「婚前特急」の完成披露試写会が12月14日、東京・スペースFS汐留で行われ、吉高をはじめ、加瀬亮、人気バンド「SAKEROCK」の浜野謙太青木崇高吉村卓也榎木孝明前田弘二監督が舞台挨拶に立った。

時間を有効に使うために5人の男性と同時に付き合う“5マタ女”のチエ(吉高)が、友人の結婚に触発され、本当の相手を探すために恋人たちを査定するラブコメディ。LISMOの携帯オリジナルドラマからスタートし、自主映画作家として注目を集める前田弘二監督がメガホンをとった。

吉高は、「違う魅力をもった皆さんとお付き合いするなんて、チエは欲張りだなって思います。アグレッシブでポジティブ。似ている部分は……自分じゃわからない」と自己分析。5人それぞれとのキスシーンを振り返り、「人間のくちびるはいろんな種類があるなって。いろんな年齢の、いろんな恋愛を重ねた方々のくちびるを総なめさせていただき、ありがたい」とご満悦だった。

一方、恋人を演じる俳優陣は、吉高との共演に刺激を受けたといい、特に浜野は「自分の中に潜む野獣性が引き出されるのを感じた」。榎木は「吉高由里子が今の時代にウケる理由がわかる。キュートで天然、奔放でよくわかんないところが魅力かな」と絶賛し、「重力ピエロ」でも共演した加瀬は「一緒にいるととにかく現場で笑っちゃう」と述懐した。

前田監督は「常識にしばられず、自分のルールで生きるヒロインを描きたかった。最初は彼氏が7人という設定だった」。同作が劇場長編デビュー作となり「吉高さんが素敵な演技で、チエを素敵な女性にしてくれた。俳優さんも僕の想像以上の演技をしていただいた」と称えた。

婚前特急」は2011年4月1日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース