加瀬亮、吉高由里子にびっくり。「重力ピエロ」初日で撮影裏話

2009年5月25日 12:00

戦隊モノで戦う加瀬亮、見たい?
戦隊モノで戦う加瀬亮、見たい?

[映画.com ニュース] 人気作家・伊坂幸太郎の同名ベストセラーの映画化「重力ピエロ」が5月23日に公開され、主演の加瀬亮岡田将生小日向文世鈴木京香吉高由里子岡田義徳森淳一監督、企画・脚本の相沢友子が、東京・新宿バルト9で行われた初日舞台挨拶に登壇した。

映画は、加瀬と岡田将生が演じる兄弟が、仙台市内で多発する放火事件と、その現場に残されるグラフィティアートの関連性を調べるうちに、15年前にさかのぼる家族の隠された秘密に向き合うことになるというミステリードラマ。撮影時のエピソードを聞かれた加瀬は、「現場では特につらかったとか深刻だったことはなかったのですが、一番びっくりしたのは吉高。彼女は常に演技してるのか、そうではないのか……。こちらの予想を軽々と飛び越えてやってくる存在」と、吉高の不思議系なキャラに驚いた様子だった。

一方、その吉高は「加瀬さんのストイックぶりにびっくり」とのこと。「一緒に走るシーンが多かったのですが、加瀬さんは全然加減してくれず、カメラから外れないように必死に走ってついていきました」と、撮影時を振り返った。また、加瀬と岡田義徳が「一緒に戦隊モノをやりたい。僕はグリーンで、加瀬くんはブルーがいいということで」(岡田)と、撮影中に話していたそうで、必死に加瀬について走り回った吉高も、「加瀬さんは戦隊モノもいける体力の持ち主だと思います」と、繊細なイメージの強い加瀬の意外な一面を暴露して会場の笑いを誘っていた。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース