中村優一、松本若菜とのラブロマンスに「手が震えた」

2010年5月22日 14:02

本当にほれちゃった?
本当にほれちゃった?

[映画.com ニュース] 「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル」が5月22日、全国214スクリーンで公開。主演の中村優一松本若菜溝口琢矢松元環季秋山莉奈金田治監督らは、東京・新宿バルト9で舞台挨拶に立った。

主人公・仮面ライダーゼロノスこと桜井侑斗を演じる中村は、「最初に言っておく。俺はこの日を迎えられて、かーなーりーうれしい!」と勢いよく挨拶。さらに、「応援してくださるファンの皆さんの前に立てる今が本当にうれしいです」と改めて頭を下げた。

同作は、松本演じる野上愛理とのラブロマンスが軸になっており、中村は「目の前に愛理さんがいるなんて、今までなかった展開なので本当に緊張しました」と赤面。撮影中は緊張で手の震えが止まらなかったといい、「本当に震えていましたね」(松本)、「リアルな震えだった。本当に愛理ちゃんにほれているんじゃないの?」(金田監督)と指摘されると、さらにほほを紅潮させた。

一方、シリーズ復帰を果たした秋山は「ただいま!」と笑顔で客席に呼びかけたが、中村と松本演じるラブロマンスには、「うらやましかったですね」と悔しそうな表情。フォトセッションでは、バイクに乗った中村を松本が後ろからハグする劇中シーンが再現され、ファンからは拍手喝さいがおくられた。

「超・電王」シリーズ史上初の試みとして、同作を皮切りに、6月5日から「EPISODE BLUE 派遣イマ人はNEWトラル」、6月19日から「EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ」と3本の新作が東映配給で連続公開される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース