「アバター」サム・ワーシントン、今度は吸血鬼ドラキュラに

2010年1月28日 16:47

青い人からドラキュラに
青い人からドラキュラに

[映画.com ニュース] 公開からわずか39日間で全世界興収歴代新記録を樹立した大ヒットSF超大作「アバター」の主演俳優サム・ワーシントンが、今度は吸血鬼役に挑戦することになりそうだ。

米ハリウッド・レポーター誌によると、ワーシントンは、「ノウイング」「アイ,ロボット」のアレックス・プロヤス監督がメガホンをとるユニバーサル・ピクチャーズの「ドラキュラ・イヤー・ゼロ(原題)」のドラキュラ役で出演交渉に入っているという。

同作は、ブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」のモデルになったとされる15世紀ルーマニアの通称串刺し公ことブラド3世の物語と吸血鬼伝説を織り交ぜたファンタジックな史劇。中世ヨーロッパの暗黒時代を舞台に、悲劇的な恋に苦しむ不完全なヒーロー=ドラキュラの姿を描く。

大作への出演が続くワーシントン。近日公開作には、ギリシャ神話の英雄ペルセウスに扮したルイ・レテリエ監督の「CLASH OF THE TITANS タイタンの戦い」(4月日本公開予定)がある。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
  • 世にも怪奇な物語
  • 血の祝祭日
  • 2000人の狂人
  • カラー・ミー・ブラッド・レッド
  • 血の魔術師
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅰ
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅱ
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅲ
OSOREZONE

Powered by 映画.com