「鉄腕アトム」の香港イマジ・スタジオが製作中の「鉄人28号」特報を公開

2009年1月14日 12:00

[映画.com ニュース] 「鉄腕アトム」「科学忍者隊ガッチャマン」を「アストロボーイ」「ガッチャマン」としてハリウッド製3Dアニメ化している香港のイマジ・スタジオが、製作中だというもう1本の3Dアニメ「TETSUJIN 28」の特報を、アジア映画サイトTwitchなどに解禁した。

特報の最後に「T28」というタイトルが出るが、これはもちろん、漫画家・横山光輝が1950年代に発表した「鉄人28号」の映画化。鉄人28号とその巨大ロボットをリモコンで操る少年探偵・金田正太郎の活躍を描く物語で、これまでも幾度となくアニメ化、映画化されており、2005年には45年ぶりに「鉄人28号」(冨樫森監督)として実写映画化されたことも記憶に新しい。全米でも1963年に日本で制作された白黒アニメが「Gigantor」(ジャイゲンター)というタイトルでTV放映されており、アニメファンにはおなじみだ。

特報を見ると、正太郎くんが「Attack!」と英語で叫んでいるのが少々耳慣れないが、敵方ロボットの造形がどことなく「20世紀少年」の破壊ロボットに似ており、「鉄人28号」が「マジンガーZ」や「機動戦士ガンダム」をはじめとするロボットヒーローの基であることを再認識させてくれる。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース