007ブランド強し!「007/慰めの報酬」のタイアップ商品発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月18日 > 007ブランド強し!「007/慰めの報酬」のタイアップ商品発表
メニュー

007ブランド強し!「007/慰めの報酬」のタイアップ商品発表

2008年8月18日 12:00

7社から7000万ドルの タイアップ!「007 慰めの報酬」

7社から7000万ドルの
タイアップ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シリーズ第22作「007/慰めの報酬」(08年11月7日全米公開)の、強力な“007ブランド”を利用したタイアップ商品が発売された。

今回タイアップするのは、フォード・モーター社、ハイネケン・ビール、スミノフ・ウォッカ、オメガ(時計)、ヴァージンアトランティック航空、ソニー・エリクソン(携帯電話)、ソニー・エレクトロニクス(コンピュータなど)の全7社。各社が1000万ドル(約11億円)ほどの出資との引き替えに、自社ブランド商品を劇中で登場させることができる。

とりわけ注目されるのは、欧州フォード・モーター社が独自のブランドとして販売するコンパクトカー「Ka」。ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドは、アストン・マーティンを今回も運転するが、フォード社からはボルボやレンジローバーも劇中に登場する模様で、どの車種を運転するのか話題沸騰中。

前作「007/カジノ・ロワイヤル」のボンドガール、エバ・グリーンが登場したハイネケン・ビール(5作連続)の広告には今回も、クレイグや新ボンドガールのオルガ・キュリレンコも起用される。また、第1作「007/ドクター・ノオ」以来おなじみのボンドの大好物ウォッカ・マティーニのベースの酒としてスミノフも登場。

今回タイアップするブランドは7社と少なめになったが、これは“007ブランド”をより際立たせる狙いがあるようだ。第20作目「007/ダイ・アナザー・デイ」(02)で実に20社とタイアップを組んで非難を浴びたこともあり、前作から7社に減らして少数精鋭の方針を採用している。

なお、今回のタイアップ商品は今年10月から40カ国以上の地域でキャンペーン展開される予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi