小栗旬がTOHOシネマズ六本木ヒルズを占拠!?「小栗旬映画祭」

2008年4月14日 12:00

映画館ジャックも気恥ずかしい?
映画館ジャックも気恥ずかしい?

[映画.com ニュース] いまや人気絶頂の若手俳優、小栗旬がTOHOシネマズ六本木ヒルズを“占拠”した。4月11日深夜から翌12日未明にかけて「TOHOシネマズ六本木ヒルズ5周年おめでとう 小栗旬映画祭」が開催され、小栗旬出演作4本「キサラギ」「クローズZERO」「隣人13号」「ロボコン」が、同劇場の全9スクリーンで上映された。

9つのスクリーン全てにおいて小栗旬の舞台挨拶付きとあって、チケットは即日完売、当日は若い女性があふれるという、小栗人気のすさまじさを見せつける状況となった。

午後11時、まず第1回の舞台挨拶に登場した小栗は、満場の観客を前に「こんなことが出来るなんて!」と感無量の様子。舞台の端から端へ歩きながら手を振るなどファンサービスに努め、「上映作品に去年の作品が2本(「クローズZERO」「キサラギ」)もあって、本当に大きな1年だったんだなと思う」と、飛躍の年となった昨年を振り返った。

舞台挨拶の終盤には、「隣人13号」原作者の井上三太井上靖雄監督、「クローズZERO」の三池崇史監督がサプライズゲストとして登場。「本当にかっこいい、これからも目が離せない俳優」(三池監督)などと、今回の小栗の快挙をたたえたが、本人は「いつもは(出演した映画を)宣伝するためにこうした場に立つのに、今回は自分のことだけ。恥ずかしい」と照れくさそうだった。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • マッドボンバー
  • ヒッチハイク
  • インサイド
  • シアター・ナイトメア
  • キリング・グラウンド
  • 監禁 レディ・ベンジェンス
  • 招かれざる隣人
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • ロンドン・ロード ある殺人に関する証言
  • ロスト・フロア
OSOREZONE

Powered by 映画.com