ストライキ中の米脚本家組合が新たに製作会社3社と単独合意! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月28日 > ストライキ中の米脚本家組合が新たに製作会社3社と単独合意!
メニュー

ストライキ中の米脚本家組合が新たに製作会社3社と単独合意!

2008年1月28日 12:00

[映画.com ニュース] 依然としてストライキが続いている米脚本家組合(WGA)だが、1月23日から始まった交渉の結果、「クラッシュ」(05)でオスカーを獲得したカナダの映画製作・配給会社ライオンズゲート、マーベル・コミックのヒーローものを手がけるマーベル・エンターテインメントの子会社マーベル・スタジオ、さらには「キング・コング」(33)「市民ケーン」(41)「素晴らしき哉、人生!」(46)などクラシックの名作の製作会社として知られる老舗スタジオ、RKO映画の3社と新たに単独合意に達したという。

ライオンズゲート、マーベル・スタジオの2社の合意は「今後WGAと米映画テレビジョン製作者連合(AMPTP)との合意が、よりプロデューサーに有利な内容となった場合、そちらに準拠する」というオプション付きのもので、今回の合意により米ケーブルテレビ局Showtimeのヒット番組「Weeds」やAMCの「マッド・メン」などの制作も再開されるほか、映画の配給も再開されるようだ。

また、RKOの方も来週には今後の製作スケジュールを発表する予定で、WGA東部支部の会長マイケル・ウィンシップ、WGA西部支部の会長パトリック・ベローネは共に「RKOとの合意はフェアで、敬意が伝わってくるもので満足している」とコメントしている。

すでにユナイテッド・アーティスツやワインスタイン・カンパニーも合意に至っていたWGAのストライキ。注目は、メジャー各社の動向に絞られてきた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi