黒木メイサも「感無量です」。2077年の日本を描くSFアニメ「ベクシル」公開

2007年8月20日 12:00

(左から)曽利文彦監督、松雪泰子、黒木メイサ、mink
(左から)曽利文彦監督、松雪泰子、黒木メイサ、mink

[映画.com ニュース] 「アップルシード」のプロデュースで“3Dライブアニメ”という手法を確立した曽利文彦が、今度は監督として新たに手掛けた「ベクシル 2077日本鎖国」。同作が、去る8月18日に初日を迎え、曽利監督のほか、声優初挑戦となった黒木メイサ(ベクシル役)、松雪泰子(マリア役)、主題歌「Together again」を担当したminkの面々が、丸の内プラゼールにて舞台挨拶を行った。

満場の客席を前に、曽利監督は「初日を迎えることができて感無量です」と挨拶。キャスト陣は「キャラクターの表情にリアルを感じてもらえるはず」(黒木)、「クライマックスに向けての高揚感はもちろん、マリアが散っていくシーンが印象的」(松雪)と、作品の魅力を語った。

「日本人にとってはとてもショッキングな内容だと思うが、“決してこうなりたくない”というメッセージでもある」と曽利監督が語る本作は、ハイテク鎖国を断行して10年を経た2077年の日本の姿を、米国特殊部隊の女兵士べクシルの視点を通して描くSFアニメ。すでに海外129カ国での公開も決定しており、“世界に向けて日本のエンターテインメントを発信する”という企画当初からの志が、見事に成就したといえそうだ。「べクシル 2077日本鎖国」は現在公開中。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 中島健人史上“最恐”のドSキャラ誕生! ドラマ「彼女はキレイだった」で小芝風花と初共演

    1

    中島健人史上“最恐”のドSキャラ誕生! ドラマ「彼女はキレイだった」で小芝風花と初共演

    2021年5月15日 05:00
  2. “日本で一番嫌われた男”成田凌&トータス松本「くれなずめ」舞台挨拶でそろい踏み

    2

    “日本で一番嫌われた男”成田凌&トータス松本「くれなずめ」舞台挨拶でそろい踏み

    2021年5月15日 15:26
  3. 「全裸監督」シーズン2、村西とおるがエロ&仲間と共に時代を駆け抜ける! 場面写真一挙披露

    3

    「全裸監督」シーズン2、村西とおるがエロ&仲間と共に時代を駆け抜ける! 場面写真一挙披露

    2021年5月15日 12:00
  4. 【特別インタビュー】吉永小百合が広瀬すずへ伝えたかったこと。

    4

    【特別インタビュー】吉永小百合が広瀬すずへ伝えたかったこと。

    2021年5月15日 11:00
  5. オリンピックに伴う再開発で退去 都営アパート住民の最後を映すドキュメンタリー公開

    5

    オリンピックに伴う再開発で退去 都営アパート住民の最後を映すドキュメンタリー公開

    2021年5月15日 10:00

今週