スクロール

劇場公開日:

  • 予告編を見る
スクロール

解説

北村匠海と中川大志が主演を務め、小説家・橋爪駿輝の同名デビュー作を映画化した青春群像劇。理想と現実のギャップに悩む4人の若者たちが社会や自分自身と必死に向き合う姿をリアルに描く。

学生時代の友人である“僕”とユウスケは、友人・森が自殺したことを知る。就職したものの上司からのパワハラに苦しみ、SNSに思いを吐き出すことでどうにか自分を保っている“僕”と、刹那的に生きてきたユウスケは、森の死をきっかけに“生きること”や“愛すること”を見つめ直すように。そんな彼らに、“僕”の書き込みに共鳴し特別な自分になりたいと願う“私”と、ユウスケとの結婚が空虚な心を満たしてくれると信じる菜穂の時間が交錯していく。

“僕”を北村、ユウスケを中川、菜穂を松岡茉優、“私”を古川琴音が演じる。監督は「CUBE 一度入ったら、最後」「その日、カレーライスができるまで」の清水康彦。

2023年製作/117分/G/日本
配給:ショウゲート
劇場公開日:2023年2月3日

スタッフ・キャスト

監督
原作
橋爪駿輝
脚本
清水康彦
金沢知樹
木乃江祐希
製作
坂本香
鷲見貴彦
小山洋平
佐久間大介
浅田靖浩
エグゼクティブプロデューサー
麻生英輔
木村麻紀
チーフプロデューサー
小林有衣子
プロデューサー
八木佑介
野村梓二
キャスティングプロデューサー
本多里子
撮影
川上智之
照明
穂苅慶人
録音
桐山裕行
音響効果
桐山裕行
美術
松本千広
衣装
服部昌孝
ヘア
HORI
メイク
NOBUKO MAEKAWA
編集
清水康彦
音楽
香田悠真
主題歌
Saucy Dog
監督補
長田亮
VFX
宮城雄太
助監督
草場尚也
ラインプロデューサー
門馬直人
安藤光造
アシスタントプロデューサー
金川紗希子
制作担当
小林慶太郎
全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)橋爪駿輝/講談社 (C)2023映画「スクロール」製作委員会

映画レビュー

1.5ひたすら退屈な映画だった

2024年1月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

原作未読。
自分好みの映画っぽかったので観てみたが。アバンのシュールな世界観はなかなか面白かったものの、本編は主要人物誰にも共感できず、どんよりとした時間が流れるだけでただただだるかった。群像劇でこれはつらい。
「僕」が社会と向き合うきっかけがあれというのもちょっと。

北村匠海、中川大志、松岡茉優、古川琴音というキャストだったから一応見れたが、そうでなかったらたぶん途中で興味を失って寝落ちしてた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
イサヤ

1.0???

2023年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

寝られる

仕事ができず孤独で生きている実感がない僕。
仕事がバリバリできていて、周りから信頼されているが生きているかわからないユウスケ。
自分の幸せのために生きている菜穂。
そして、私。
それぞれの人生をなんとかして生きているという内容だった。
結局なんだったのだろうという印象の作品でした。
何もかもが中途半端でそれぞれの人はどうなったのかもわからないです。
出演者が豪華だったので、期待していましたが残念でした。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
やっすー

2.5ちょっと記憶に残らなかったかも。。

2023年6月12日
iPhoneアプリから投稿

ちょっと記憶に残らなかったかも。。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
おれ

3.0抽象的

2023年2月24日
iPhoneアプリから投稿

旬な実力俳優を擁し、何だか良さげな見た目でありながら大変評価の低い本作。
何がそんなにウケていないのか、観た上で考えてみた。

私が思うに、全てが抽象的で、会話も具体性が伴わず、ゆえに薄い。その脚本の難が原因であろう。

上から言われている
会社が◯◯
パワハラがどうの

みたいなことを言っているが(ニュースもそう報じるが)
上って誰?
会社って何の会社?
自殺の原因がパワハラってどんなパワハラ?

みたいなことが一切わからない。

そんな細かいディテールはストーリーには正直あまり影響ないだろう。しかし、世界観を観客が共有するための一助となる情報が悉く省かれ、おまけに導入部が極めて抽象的なシーンから始まるからストーリーの骨格も、制作者が言いたいことも掴めないまま時間が過ぎ、結局掴めずに終わる。

登場人物の設定も、おそらく苗字がないのも故意のものだと思われるが、もし、万人が共感しやすいよう具体的な情報、個人像を分かりにくくしたのは逆効果だった。
彼、彼女らの抱える悩みの背景が見えないからだ。

総じて、残念な作品である。

同級生の死から始まる、若者の個々の苦悩というテーマの作品なのであろうが、友人が死んだという事実以外、頭に残るものはなかった。ゆえにタイトルのスクロールの意味もイマイチボケたままだ。

ひょっとしたら原作小説はもっと分かりやすいのかもしれないが。

ちなみに私は、始まって1分で眠くなったことも付け加えておきたい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
イナヅマゴロー