アウトサイダー(1981)

劇場公開日:

アウトサイダー(1981)

解説

ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した「ニーチェの馬」や「サタンタンゴ」「倫敦から来た男」などで知られるハンガリーの名匠タル・ベーラが、ブダペストの映画芸術アカデミー在籍中の1981年に制作した長編第2作。同監督作の中では珍しいカラー作品で、社会に適合できないミュージシャンの姿を描き出す。精神科病院で働くアンドラーシュは、バイオリンの見事な演奏を患者に聞かせる。彼は自分の子を産んだばかりのアンナのもとを訪れ、彼女に別れを告げる。やがて彼は依存症患者と飲酒したことが原因で仕事を解雇され、ケーブル工場で働き始める。ある日、アンドラーシュは酒場で出会った女性カタと恋に落ち、結婚するが……。

1981年製作/128分/ハンガリー
原題:The Outsider
配給:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5色の付いたタル・ベーラ

2022年2月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

自由に生きたい願望を持ちながらも自分の行動でその選択を狭めていくアンドラーシュ、社会に適合できない理由が見当たらず、それなりに働くし、普通に社会人的人生は送れている、夢追い人や売れないバンドマンみたいで、そんな主人公を含めた周りの人物が国や時代は違えどリアルに思える演出描写で作品自体に古さは微塵も感じられない。

最低だろうがクズ男と言われようがただ自分に正直で、そうなればなる程に周りは裏切る行動を取り始め、そして抗えない自由を奪われてしまう顛末、自由を追い求めたりの為ではなく本当に社会不適合者としてのバッドエンドが、そうは思えないエンディングを迎える。

タル・ベーラ作品にカラー映像の違和感がありながら、色の有る全体的に少し古びた映像に色の違和感は感じられない、この作品に限ってはカラー映像だからこそ気を張らずに落ち着いた感覚で鑑賞出来るように思える。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
万年 東一

4.0アウトサイダーは辛いよ

2022年1月31日
PCから投稿

ストーリーというか、生活を見せられてる感じ。

この頃のハンガリーって共産圏だったよねぇ?すご〜く西側の文化影響を受けているような…
自殺大国ハンガリー、特に男性がずば抜けて多いらしいが、20代前半(途中まで35〜36の設定かと思ってた)で生活に追われ、苦しく、逃げ道も無い感じじゃ死にたくなるわな。一層のこと、馴染んじゃえばまた違うのか?(いや、それはそれで嫌かも)
日本の同じ世代(1981年の20代前半)は、もっとノーテンキよねぇ…

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Oyster Boy
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「アウトサイダー(1981)」以外にこんな作品をCheck-inしています。