パワー・オブ・ザ・ドッグ

ALLTIME BEST

劇場公開日:

パワー・オブ・ザ・ドッグ

解説

「ピアノ・レッスン」で女性監督として初のカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したジェーン・カンピオン監督が、ベネディクト・カンバーバッチを主演に迎え、1920年代のアメリカ・モンタナ州を舞台に、無慈悲な牧場主と彼を取り巻く人々との緊迫した関係を描いた人間ドラマ。大牧場主のフィル・バーバンクと弟ジョージの兄弟は、地元の未亡人ローズと出会う。ジョージはローズの心を慰め、やがて彼女と結婚して家に迎え入れる。そのことをよく思わないフィルは、2人やローズの連れ子のピーターに対して冷酷な仕打ちをする。しかし、そんなフィルの態度にも次第に変化が生じる。カンバーバッチがフィル、実生活でもカップルのキルステン・ダンストとジェシー・プレモンスがローズとジョージをそれぞれ演じ、ピーター役はコディ・スミット=マクフィーが務めた。2021年・第78回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞。2022年・第94回アカデミー賞では作品、監督、主演男優、助演男優、助演女優、脚色などの主要部門ほか計11部門で12ノミネートとなり、同年度の最多ノミネート作品に。ジェーン・カンピオン監督が、女性では史上3人目となるアカデミー監督賞を受賞した。Netflixで2021年12月1日から配信。それに先立つ11月19日から一部劇場で公開。

2021年製作/128分/G/イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・アメリカ合作
原題:The Power of the Dog

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第79回 ゴールデングローブ賞(2022年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 コディ・スミット=マクフィー
最優秀監督賞 ジェーン・カンピオン

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) ベネディクト・カンバーバッチ
最優秀助演女優賞 キルステン・ダンスト
最優秀脚本賞 ジェーン・カンピオン
最優秀作曲賞 ジョニー・グリーンウッド

第78回 ベネチア国際映画祭(2021年)

受賞

銀獅子賞(最優秀監督賞) ジェーン・カンピオン

出品

コンペティション部門 ジェーン・カンピオン
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

一部劇場にて11月19日(金)公開 Netflix映画「パワー・オブ・ザ・ドッグ」 12月1日(水)よりNetflixにて全世界独占配信開始

映画レビュー

4.5男性器というモチーフを駆使して西部劇を解体。

村山章さん
2022年4月30日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

3.5緊張感を誘発するカンバーバッチの存在感

2022年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ジェーン・カンピオン監督に第94回アカデミー賞で女性としては史上3人目となる監督賞をもたらした力作。主演にベネディクト・カンバーバッチを迎え、1920年代の米モンタナ州を舞台に、無慈悲な牧場主と周囲の人々との緊迫した関係を描いた人間ドラマだ。

とにもかくにも、大牧場主のフィルを演じたカンバーバッチの緊張感を伴う繊細な存在感が、観る者の視線を釘付けにしてしまう。興味深いのは、西部劇というフォーマットを使いながらも、根底に流れている作品のメッセージは現代を生きる人々の心の裡と乖離していないという点だ。

サスペンス的な要素もふんだんに盛り込まれており、これから鑑賞しようとしている方々に対しても、十分に期待を裏切ることがない展開が用意されている。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
大塚史貴

4.0Slow Minimalist Film that's Inviting to Watch

2021年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

The Power of the Dog is a much-needed cinematic meditation designed by Jane Campion, a classic female director who has been out of the chair for over a decade. As in The Piano, the film explores the mysterious side of human sexuality. As homoerotic as it may be, the film overall lets the viewer reflect on what shirtless cowboys could mean. Challenging, poetic films are a rare gem from Netflix.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
Dan Knighton

3.5何かに憑かれたようなカンバーバッチの眼差し

2021年11月23日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

1925年のアメリカ、モンタナ州で大牧場を支配しているのは、西部男のエッセンスをぎゅう詰めにしたようなマッチョで頑固なフィルだ。しかし、フィルにとって最も近しい存在だったはずの弟、ジョージが、食堂の主人、ローズと結婚することになり、兄弟の関係は軋み始め、やがて、とんでもない方向に展開していく。

フィルはその男性的な風貌や価値観とは裏腹に、実は東部出身のインテリで音楽の才能もあること、男らしさを強烈に発散している反面、ある秘密を隠していること、などが、ローズと、そして、彼女が連れてきたか細くて女性的な雰囲気を漂わせる息子、ピーターと出会ったことで、徐々に解き明かされていくのだ。

多少勿体ぶった描写はあるものの、話の展開はスリリングで心理サスペンスとして目が離せない緊張感が続く。マッチョの象徴だったフィルが少しずつ素顔のベールを脱いでいく一方で、ピーターが隠し持っていた気骨を徐々に露わにしていくプロセスは、何かが起きそうな気配がしてドキドキする。

ジェーン・カンピオンは今の時代に通じる男性性のまやかしを西部劇のフォーマットを使って訴えかけているようだ。でも、筆者は自分らしくない人生を選択してしまったフィルの悲劇性にも心を突かれた。演じるベネディクト・カンバーバッチが何かに憑かれたような男の眼差しをカメラに向かって投げかけ続けるからだ。最近のカンバーバッチは絶好調だが、本作はその中でもベストだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 31 件)
清藤秀人
すべての映画レビューを見る(全136件)

他のユーザーは「パワー・オブ・ザ・ドッグ」以外にこんな作品をCheck-inしています。