劇場公開日 2022年5月6日

「灯里役・宮崎優を世に出す衝撃作」死刑にいたる病 高森 郁哉さんの映画レビュー(感想・評価)

3.6275
19%
57%
19%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0灯里役・宮崎優を世に出す衝撃作

2022年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

全体的に好キャスティングが光る。シリアルキラー・榛村を演じる阿部サダヲは、大人計画入団時に提出した履歴書の写真で顔色が悪かったことから芸名が「死体写真」になりかけたという逸話がよく知られるが、常に死んだような目をしていることもそんな印象に影響しただろう。穏やかな物腰と細やかな気配りで狙った相手の心を支配するという人物設定に、あの眼差しが説得力を与えている。

榛村に取り込まれそうになりながらも抗おうとする大学生・雅也を演じた岡田健史も、阿部とのコントラストが絶妙だ。長髪の謎の男は誰が演じているのかわからないまま、エンドロールで岩田剛典の名を見て「ああ、あの男か」とようやく気づいた。それほど見事にスターオーラを消している。

そして、雅也と同じ大学に通う灯里を演じた宮崎優。初めのうちこそ彼女の目立たず内にこもった感じが、映画の中で“映えていない”ように感じたが、次第に秘めていたものが表に出てきて、あの地味目な見かけも実は伏線だったかと驚愕させられた。過去の出演作「任侠学園」「うみべの女の子」を観たのに印象に残っていないが、本作での演技は映画関係者と観客の心にしっかりと刻まれるだろう。宮崎優を世に出す一本でもある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 47 件)
高森 郁哉
「死刑にいたる病」のレビューを書く 「死刑にいたる病」のレビュー一覧へ(全275件)
「死刑にいたる病」の作品トップへ