とてつもなく大きな

劇場公開日

  • 予告編を見る
とてつもなく大きな
0%
50%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2020年・第73回カンヌ国際映画祭の批評家週間短編部門に出品された短編作品。太陽や月、海、森といった自然や、音から湧き上がる大量のイメージを重ねていくことで物語を形成し、技術的にもデジタルとフィルムを混合させるなど、独特の手法で表現された映像作品で注目される川添彩監督による、約11分の短編。ある大きな音を耳にしたことをきっかけに、主人公のエイコが、自分のものか、あるいは他者のものかも判然としない、夢か現実かもわからないイメージの中を漂っていく姿を描く。第73回カンヌ国際映画祭批評家週間短編部門のほか、第58回ニューヨーク映画祭など海外の映画祭で上映された。川添監督が手がけた過去の短編・中編作品「きりはじめて、はなをむすぶ。」(12)、「ぞうが死んだ」(12)、「姉と弟 こどもと大人(とそうでないひと)」(14)とあわせて劇場公開。

2020年製作/11分/日本

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)東京藝術大学大学院映像研究科

映画レビュー

4.0【大きいものを想像する】

ワンコさん
2021年5月3日
iPhoneアプリから投稿

感じたのは、
とてつもなく大きな不安。

思い出すのは、
とてつもなく大きな孤独。

振り返ったのは、
とてつもなく大きな闇。

立ち向かうのは、
とてつもなく大きな得体のしれない世界。

とてつもなく大きなものに押しつぶされそうな自分の先には、もしかしたら、とてつもなく大きな自由な世界が広がっているのかもしれない。

ちなみに、とてつもなく大きな宇宙の先には何があるのかな。

※ 「とてつもなく大きな」がカンヌの正式出品作になりましたが、なかなか観る機会のない作品だと思います。
映画のURLのコメントの欄に黒沢清、青山真治両監督の感想もあります。
興味のある人は見てみてください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ワンコ
すべての映画レビューを見る(全1件)

他のユーザーは「とてつもなく大きな」以外にこんな作品をCheck-inしています。