劇場公開日 2021年4月23日

「手法もさらした上で観客に問う姿勢」SNS 少女たちの10日間 杉本穂高さんの映画レビュー(感想・評価)

3.664
18%
53%
22%
4%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0手法もさらした上で観客に問う姿勢

2021年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「ドキュメンタリーは嘘をつく」という著書があるが、このドキュメンタリー映画は文字通り嘘をついて、犯罪をあぶり出すという手法を使っている。その著書の言う嘘はこの映画の手法とはちょっと違うことを指しているが。
童顔に見える成人俳優に12歳の少女を演じてもらい、SNSでアカウントを作成。すると性的メッセージを送りつけてくる男性が後をたたない。自分の性器の写真や自慰行為の動画を送りつけてくる初老の男性やら、一体なにを考えているのかと言いたくなる連中がわんさか出てくる。
作り手はこの犯罪を、だまし討ちのような語りであぶり出している。だが、それを隠していない点は誠実と言えるかもしれない。手法の不誠実さも明らかにした上で観客に問う選択をしたのは潔い。
作中に専門家の重要な指摘がある。「小児性愛者の特徴と合致しない」だ。これは性欲よりも支配欲に近いのではないか。相手をコントロールする欲望のはけ口として未成年が選ばれているのではないか、という点を忘れないように本作を鑑賞すべきだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
杉本穂高
「SNS 少女たちの10日間」のレビューを書く 「SNS 少女たちの10日間」のレビュー一覧へ(全64件)
「SNS 少女たちの10日間」の作品トップへ