CHAIN チェイン

劇場公開日

20%
40%
20%
20%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

京都造形芸術大学映画学科の学生とプロの映画スタッフ、キャストが一丸となり劇場公開映画を製作するプロジェクト「北白川派」の作品で、新選組終焉の象徴とも言われる油小路の変を背景に、激動の時代を生きた無名の人々の生き様を描いた群像劇。幕末の京都。鎖国により国際的に長く孤立状態にあった日本を変えるため、若者たちはさまざまな主義主張をぶつけ合い、血を流し争っていた。会津藩を脱藩した無名浪士の山川桜七郎は、ある事件をきっかけに近藤勇率いる新選組と伊東甲子太郎率いる御陵衛士の対立に巻き込まれる。主人公・山川桜七郎役を映画初主演となる大人計画の上川周作が演じる。「5万回切られた男」の異名で知られ、数多くの時代劇で活躍した俳優・福本清三の最後の出演作となった。監督は「正しく生きる」「愛してよ」の福岡芳穂。

2021年製作/113分/G/日本
配給:マジックアワー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)北白川派

映画レビュー

2.0雁首

Bacchusさん
2021年11月27日
Androidアプリから投稿

悲しい

難しい

寝られる

慶応三年、油小路の変の背景にいた無名の人々の話。

新撰組が絡んでくるので有名な人物も登場するけれど、あくまでもみせていくのは余り有名ではない人や、その周りにいた架空の人達。

新選組と御陵衛士の対立やそこに絡んで来る話は良かったけれど、陰間と夜鷹とか菓子屋のせがれとか阿片の女とか、中途半端に描くならいらなかった様な気がする。

それと、何故かチョロチョロと忘れた頃に差し込まれる現代描写の意味は、もしかしてラストシーンのセリフに絡める為ですかね?
どうなっているかはみせなくても当然知っているから、これまた中途半端に差し込むならいらないと思うのですが。

ただでさえセリフが多いところに、音響のせいなのか滑舌のせいなのか、セリフの聞き取り難さが気になったし、群像劇だから仕方ないけど話があちこちに跳びまわって、なかなか入って来ず、まとまりが悪く感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Bacchus

5.0いろんな試み

2021年11月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

燃えよ剣より満足度高
音楽も違和感なし
但しあくまでも舞台挨拶からの流れの個人的満足度
#CHAIN

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sakurasakura

3.0「御陵衛士」「伊東甲子太郎」「油小路の変」などのワードにワクワクし...

2021年10月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

「御陵衛士」「伊東甲子太郎」「油小路の変」などのワードにワクワクしてしまう幕末好きの人にはおすすめ。
京都芸術大学映画科の卒業生に教授や在学生が主演を含む主要キャストやスタッフとして多数参加されている作品で、公開に先立ち大学構内の劇場で催された完成披露上映会を鑑賞しました。
黒船の来航とともに鎖国から開国へと世界の認識が変わった幕末の人々は、倒幕だ佐幕だ、勤王だ攘夷だと揺れ動き、脱藩したり徒党を組んだりしながら、天下国家を論じ、同志を増やすために奔走した。
新しい価値観、新しい世の中を目指しているはずなのに、武士と言う価値観だけは捨てきれず恩讐に縛られ、敵味方に分かれ血を流し命を落とした。
でも当然、激動の幕末の中には武士以外の人々もいるわけで、夜鷹(娼婦)や陰間(男娼)など当時最下層とも言うべき人々を通しての幕末も描かれる。
「結局わしらの事なんかなんも考えちょらせんやないですか!」
「そんなやったらサムライも天皇もおらんでよかやないですか!」
和菓子屋の息子で伊東甲子太郎の下僕を務める松之助の言葉が、明治維新の裏の本質を射抜く。
昔の史跡や道が今もそのまま残っているところが多い京都、油小路の変のシーンでは実際にその場所がロケ地に使われたとか。
所々でひと味変わった風景や音がはさまれたりするんだけど私には抵抗なく観ることが出来た。
反面セリフの聴き取りにくさが少し目立ったかな(´ー`)。
5万回斬られた男の異名を持つ福本清三さんはこの作品が遺作となったそうで、その意味でも鑑賞出来て良かったと思える作品となりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
じょんそん
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「CHAIN チェイン」以外にこんな作品をCheck-inしています。