パニック・イン・ミュージアム モスクワ劇場占拠テロ事件

劇場公開日

17%
17%
49%
17%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2002年にロシアで発生したテロリストによる劇場占拠事件の実話をもとに描いたサスペンスアクション。モスクワ中央部に建つ劇場が、チェチェン共和国独立派テロリストに占拠された。テロリストはミュージカル公演の観客を人質に取り、ロシア政府に祖国の独立を要求。拒否すれば人質ごと劇場を爆破すると脅迫する。警察と軍が劇場を包囲したものの、人質の中に閣僚もいることが判明し、うかつに手を出せない。交渉は長引き、人質たちは極度の緊張状態の中で追い詰められていく。やがて政府は、特殊部隊による突入作戦を決断するが……。ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2021」上映作品。

2018年製作/139分/ロシア
原題:Poslednee ispytanie
配給:「パニック・イン・ミュージアム」上映委員会

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5いきなりなシーンが多くて各シーンが繋がっていない?

2021年3月28日
iPhoneアプリから投稿

劇場公演が始まってからのオープニングを見て、その後の展開を期待し、「ホテルムンバイ」のテロ事件のような緊迫感溢れるテロリストとの惨劇を描いたアクション映画を勝手に想像したが、残念ながらさほど緊張感あるアクションの展開というよりどちらかと言うと政治的メッセージ性を込めた世論に訴えるようなロシア映画でしたわ。
そしてまた正直なところ大幅カットしているのか、話の途中で辻褄が合わなかったりいきなり話が進行しているようなところが多々あったような気がして、それが原因で今ひとつ、物語に乗り切れなかった感がある。
そしてまた、警察側にも悪人ヅラも多く(失礼!)ロシアの人々の顔が判別しにくいため人間関係が分かりにくく混乱した。
ドゥエインジョンソンや古くはブルースウィリスのごとく孤軍奮闘する人物もいるのだが、なんか中途半端だったな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ケビタン

2.5リアルロミジュリじゃダメじゃん

Bacchusさん
2021年3月28日
Androidアプリから投稿

怖い

知的

モスクワの劇場がイスラム系のチェチェン共和国独立派武装勢力に占拠される話で、2002年に実際に発生した「モスクワ劇場占拠事件」をもとに描いたというけれど、事件の発生以外は殆どフィクションの様で。

学生時代の同級生が出演するということで劇場に集まった友人達や先生と、更には、そこから繫がる学校の先生とその教え子達が見守る中で劇が始まると、目出し帽姿の武装勢力が乱入し巻き起こっていく。

劇が始まるまで30分弱、殆どはいらないであろう登場人物達の紹介を見せらるし、事件が発生してからも余計な描写の多いこと。
しかしながら、メインは交渉人より弁の立つ先生とテロリストのディベートで、これ自体はかなり好みだし興味深い思想や主張もチラホラと。

アクションとしてのみどころは少々だしテンポも悪かったものの、サスペンスとしてのみどころと信仰と神学談議たっぷりで、ある意味面倒くさい部分は面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Bacchus

2.0「罪の言い訳」とはよく言ったモノ

MARさん
2021年3月28日
Androidアプリから投稿

怖い

寝られる

歴史の先生とかつての生徒達(⁉)を始めとする様々な人々が集った劇場にてテロが発生する物語。

シンプルなテロリストモノ映画のように見えるが、気になる点がチラホラと…

登場人物がちょっと多すぎ?その為個々の活躍が細々となってしまった感じ。

また、ホールを仕切るテロリストさんが、とにかくめんどくさい奴。更に、ちょっとアホというか甘いというか…。頭の回転が速い人ならうまいこと言ってちゃっかり解放させてもらえちゃいそうなチョロい印象すら受ける。

さらに、このテロリストと口の立つ教師との会話シーンがとにかく長い…。その議論、カフェかどっかでやってくれた方が誰も不幸にならず盛り上がるのでは。。

それに、何かにつけて「神の意志」って、テロリストってこんなんばっかりですね。それって寧ろ神に責任転嫁してませんか?

その後も、唐突にキレッキレなアクションや、ガッツリ寝ちゃってる軍人さん達やらにツッコミつつ、迎えたラスト。
サプライズとも言える展開だが、うまい伏線もそんなになく唐突にドーンだからそこまで響かず…。

なにはともあれ、とにかく議論シーンが長すぎた。良かったシーンもいくつかあっただけに、ちょっと勿体ない作品だった。ロシア映画は当たり外れの振れ幅が安定しないイメージ。

しかーし、安定して裏切らないのはロシアン美女‼

個人的ベストシーンは、勇敢な彼を運び出すために、6~7人の女の子が一度に映る場面。
薄暗くてもわかるロシアン美女達の画の強さに脱帽です‼

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
MAR

3.5テロはテロ

2021年3月27日
PCから投稿

あれこれ大義名分をかざしているがテロはテロ。血で血を洗っても何の解決もしません。しかも、騙されて利用されてるし…

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
Oyster Boy
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「パニック・イン・ミュージアム モスクワ劇場占拠テロ事件」以外にこんな作品をCheck-inしています。