オールド・ドッグ

劇場公開日:

オールド・ドッグ

解説

「羊飼いと風船」「轢き殺された羊」などで知られるチベット映画の先駆者ペマ・ツェテン監督が、1990年代末に中国富裕層の間で起きたチベットのマスチフ犬ブームを通してチベットの現状を描いた作品。年老いたマスチフ犬を飼っている牧畜民の老人。マスチフ犬は富裕層に高く売れるため、老人の息子は犬を売り飛ばそうとし、仲買人や犬泥棒はしつこくつきまとう。老人は「犬は民族の誇り」と考え、手放すことを頑なに拒むが……。2011年・第12回東京フィルメックスでグランプリを受賞。特集上映「映画で見る現代チベット」(2021年3月13日~4月2日/東京・岩波ホール)で劇場初上映。

2011年製作/88分/中国
原題:Old Dog
配給:ムヴィオラ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0タイトルは、民族の血を守る翁、自身でもある。

2021年4月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

民族伝統の血統を、誇りを、売り渡そうとしない 翁。

よくある、働かないでお金を欲しがる長男。

子供の育て方の参考に。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
国立大学国際ビジネス研究会

3.0突然のボディーブロー。そのヘヴィな余韻は何処へ行く。

2021年4月5日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
osmt

3.0犬を、買ってくれないか?

2021年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

チベットびいきにとって、心地よい映像と時間の流れ。ああ、かつて訪れたチベットはたしかにこういう風景だったなあ、大人しくてモフモフした犬だったなあ、と見ていたら、寝てしまった。だってそう誘われるような映画なんだもの。
あの犬は、売ってしまったのか?買い戻したのか?息子と親父の関係はどうなったのか?、途切れ途切れの断片で想像しながら、最後の10分。寡黙な親父が、最後に下した判断に、大いなる覚悟と痛烈な批判を感じて一気に目が覚めた。遅いんだけど。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
栗太郎

5.0マスティフ(チベットの誇り)を失う?

2021年2月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
Socialjustice
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「オールド・ドッグ」以外にこんな作品をCheck-inしています。