香港画

劇場公開日

  • 予告編を見る
香港画
78%
13%
4%
1%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2019年の香港民主化デモを記録した短編ドキュメンタリー。2019年2月、香港政府が逃亡犯条例および刑事相互法的援助条例の改正案提出を発表したことをきっかけに、香港全土で大規模な反対運動が巻き起こる。運動は徐々にエスカレートし、6月には103万人の市民による逃亡条例反対のデモ行進が行われる。同年10月、仕事で香港に滞在していた堀井威久麿監督は、デモに参加している人々の若さに驚き、彼らが何を考え、何を発信しているのかを知るために記録を始める。若者たちの声を聴きながら、デモ隊と警察が衝突するなかでも撮影を続けた堀井監督は、デモ隊とともに催涙ガスやペッパースプレーを浴びながらもカメラを回し続けた。そうして完成した28分の迫真の映像から、香港の若者たちがなぜ戦うのか、またメディアを通じてその様子を目にする人々が、彼らの声にどう向き合い、応えるのかを問う。

2020年製作/28分/日本
配給:ノンデライコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.028分でデモの多くの側面を見せてくれる

2020年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

28分の短編映画とは思えないほどに、香港デモの多面的な側面を見せてくれる作品だ。今まで政治の関心が低かったがデモに参加する若者、勇武派と呼ばれる過激な行動も辞さない中学生、民主派の議員、警察のやり方に違和感を覚えて退職した元警官、デモ隊に破壊される店、私服警官とのいざこざ、そして催涙ガスや放水車で容赦なくデモ隊に浴びせる警官隊の横暴。
元警官の証言を得ているのが貴重だ。デモ以前、香港市民と警察の関係は良好だったそうだ。パトロール中には小さい子供たちは手を振ってくれたりもしたとその女性は懐かしがる。しかし、それが全く別のものになってしまった、政府はなぜこの政治問題の解決を現場の警察に押し付けるのかと彼女は失望をあらわにする。
デモ隊が店を破壊する様は痛ましい。市民同士が傷つけあう必要は本来ないはずだ。民主派と親中派に分断された香港社会では、政府VS民衆だけでなく、民衆同士の対立まで生んでしまった。米国議会で香港人権法案が可決された時のお祭り騒ぎも記録されている。香港なのでアメリカ国家が斉唱される。奇妙な感覚に襲われるが、彼らには国際世論しか頼りになるものがないのだ。日本語で書かれた落書きが映されたカットがある。日本人もこの問題にきちんと向き合わなくてはならない。香港の問題はいずれ日本にもつながっているのだ。いや、もうつながっているはずだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 18 件)
杉本穂高

5.0これは自由のために立ち上がった香港人たちの記録

2021年1月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
🇯🇵赤いカピバラのかっちゃん

5.0自由の有り難さが良く分かる映画

2021年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

この映画は自由の有り難さが良く分かる映画です。
中国共産党と香港警察に押し潰されそうになっている香港の方の状況を観るにつけ、自然に涙が溢れて来ました。私は以前から過激な行動や暴れることについて、批判的だったのですが、香港の方も平和的なデモでは解決しないと悟り、やむを得ず、過激に暴れているとのこと。言いたいことを言えない社会がどれだけ恐ろしいか良く分かる映画です。同時に日本に生まれたことに深く感謝しました。自由と民主主義、そして香港に興味のある方はお薦めします。ありがとうございました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
松村 訓明(まつむら のりあき)

3.5香港人にとっての「自由」とは何だろうか

h.h.atsuさん
2021年1月14日
iPhoneアプリから投稿

「自由」ってなんだろう。10人に訊けば、10人違った答えがかえってくる。
香港の人びとが命をかけて守ろうとしている「自由」と、私たち日本人が日頃耳にしたり、声に出している「自由」は違うものなのか。

「香港の人は自由を抑圧されて大変だねえ」とお茶を飲みながらTVやネットのニュースを通じてみている。そんな私たちは本当に「自由」なんだろうか。

自由主義陣営の旗頭を標榜してきたアメリカでさえ、心から自由を享受できているか疑わしい。

社会システムや個人個人の思考が硬直化してしまった私たちは、自由に対する感受性が「麻痺」しているだけではないのか。

この28分の短編ドキュメンタリーは最初から最後まで息つく暇も与えないほどデモの24時間が濃縮されおり、抵抗する香港人の熱い思いをこれでもかとぶつけてくる。

その状況はニュースで伝えられてきたよりも凄惨であり、さらにデモ側における暴力行為が体制側の正当性を補完してしまった。
20年6月の国安法成立を受け、彼らを取り巻く状況は映画制作の時よりもさらに状況は厳しくなっている。

香港の夜景は皮肉にも何事もなかったように無機質で美しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
h.h.atsu
すべての映画レビューを見る(全29件)