劇場公開日 2021年2月26日

ステージ・マザー : 映画評論・批評

2021年6月8日更新

2021年2月26日よりTOHOシネマズシャンテほかにてロードショー

“本当の声”を手にしたドラァグクイーンたちがいま、ステージにあがる

きらびやかな衣装とメーク、大胆なダンス、ユニークな世界観で魅せる、ドラァグクイーンたちの華やかなステージ。しかし、完璧に見えるパフォーマンスにもひとつだけ、欠けているものがある――それは、彼女たち自身の声だ。

保守的なテキサスの田舎町に住む平凡な主婦メイベリンは、疎遠になっていた息子リッキーの訃報を受け、彼が住んでいたサンフランシスコへ向かう。そこで彼女は、息子がドラァグクイーンで、ゲイバーの経営者でもあったことを知る。メイベリンは、はからずもこのバーを相続することになるが、経営は破綻寸前であった。彼女はある思いを胸に、バーの再建を目指して立ち上がる。

メイベリンをパワフルに演じたのは、「アニマル・キングダム」「世界にひとつのプレイブック」で2度オスカーにノミネートされた名優ジャッキー・ウィーバー。彼女のもとには、様々な悩みを抱えたドラァグクイーンたちが身を寄せる。カミングアウトによる親や妻との不和、愛する人を失った喪失感、ドラッグ依存、シングルマザーとして生きる不安……。メイベリンはただそっと彼女たちを受け入れ、寄り添い、温もりを与える。

画像1

その優しさが決してうわべだけの同情などではなく、誠実で真摯なものだと感じられるのは、メイベリン自身もまた、一生取り戻すことのできない深い後悔を抱えているからだ。リッキーのパートナーであり、彼が愛した場所を守ろうと、バーの経営不振に心を砕くネイサン。寂しさのあまりドラッグに依存してしまうジョアン。母と絶縁状態にあるテキーラ。メイベリンは亡き息子の面影を、仲間たちのなかに見出す。本作はメイベリンが彼女たちとともに過ごし、導くことで、息子との時間を取り戻していく物語なのだ。

突如ドラァグクイーンの世界に現れた“ステージ・マザー”の提案は、これまで口パクで音楽に合わせていたパフォーマンスを、全て生歌に変えること。この変革が象徴的だ。気丈に振る舞いながらも、心に傷を抱え、“本当の自分”でいることをどこかで恐れていたドラァグクイーンたち。ゲイである息子を受け入れられなかった夫に従い、息子に会うことさえ許されなかったメイベリンもまた、自分自身の声を押し殺していた。

終盤にある、メイベリンとドラァグクイーンたちの圧巻のステージを目に焼きつけてほしい。“本当の声”を手にした彼女たちはもう、自分自身を偽らない。誰にも邪魔されず、いかなる悩みからも解放された、どこまでも伸びやかな歌声に、胸が熱くなるはずだ。

【本作は、シネマ映画.comで配信中です!】

「ステージ・マザー」

飛松優歩

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「ステージ・マザー」の作品トップへ