わが名はキケロ ナチス最悪のスパイ

0%
54%
46%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ナチスドイツ、大英帝国、トルコ共和国の三つどもえの中を生き抜いた実在のスパイ、キケロの数奇な人生を描いたサスペンスドラマ。第2次世界大戦中のトルコ。キケロはトルコをドイツ側に味方させまいとする英国大使のもとで働いていたが、やがて連合国側の極秘文書をドイツ大使館に提供するように。そんな中、キケロはドイツ大使館で秘書として働くシングルマザーのコルネリアと恋に落ちるが……。主演は「蜂蜜」のエルダル・ベシクチオール。

2019年製作/126分/トルコ
原題:Cicero

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
製作
ムスタファ・ウスル
脚本
グルカン・タンヤ
撮影
ペーター・ステウガー
音楽
オヌール・オズメン
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ディスコード
  • ポゼッション(2012)
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ブラック・サバス 恐怖!三つの顔
  • 怪談新耳袋 怪奇 ツキモノ
  • 怪談新耳袋 怪奇 ノゾミ
  • 心霊
  • 心霊2
  • 心霊スペシャル
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

2.5地味だが…

ケイさん
2021年6月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ケイ

4.0トルコ映画のがんばり

2021年3月10日
iPhoneアプリから投稿

最後まで観て、そういえばトルコ映画だったな、と妙に納得と感心した。
冒頭の戦場でのシーンや、当時の建物や街並みなど非常に綺麗で、かなりのめり込める。

途中の音楽や、若干の展開の粗さなどもあるが、総合的に満足できる映画だった。
途中に散りばめられた意味ありげな場面なども、最後につながってくるので爽快感がある。

キケロの行動動機もちゃんと明かされるし感情出す場面では完全に感情移入しているので、展開の妙と思う。
モイズィッシュが生理的に気持ち悪いが、そのようになったのは幼少時代にありそうと思わせる描写もあり、一つ一つ丁寧。

史実は多少異なりそうだが、映画としては非常におもしろい作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
うむぼんず

3.0突き動かすのは、金か?愛国心か?

シンヤさん
2020年12月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

国を戦争に巻き込まないように活動したスパイの話。
スパイ映画に有りがちなアクションも無くて実際のスパイ活動ってあんな感じなんだろうか?
最後にそれぞれのシーンでどう関わったかネタばらしがあるけどスピードが早くてついていけなかったよ。もう少し丁寧なら良かったのに!

障害を持った子供達が多数出演していたが、ナチスの悪行を表現するのにリアルを求めた故か?
それとも、「LGBT役は当事者が」的な考え故か?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シンヤ

3.5トルコ映画も侮ってはいけませんね。

よしさん
2020年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第二次世界大戦下のトルコ。中立を維持するトルコでイギリス大使館に潜り込んだスパイを描く物語。

事実を基にした物語のよう。
プロパガンダが顕著なトルコ映画ということもあり、少し警戒しての鑑賞。でも良く出来たスパイ映画でした。
「諜報戦」を基軸に、恋愛と家族愛を絡め、ラストへの興味に繋げます。
そして、ラストの展開も中々のもの。少し引っ掛かっていた伏線を回収した見事なものでした。

肝心のスパイ行為の緊迫感がもう一つで、評価は標準としましたが、とても楽しめた映画でした。

追記
この映画では、本当の障害児を出演させているのですね。日本をはじめとする、所謂「西側先進国」ではあり得ないことなので、かなり驚きました。不愉快とまではいきませんが、それに近い感情を覚えました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし
すべての映画レビューを見る(全6件)