デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング

劇場公開日

デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング
22%
48%
26%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

香港ポップス界のスーパースター、デニス・ホーが、アーティストから民主活動家へと変貌していく様を長期密着取材で追ったドキュメンタリー。2014年、警官隊の催涙弾に対抗し、雨傘を持った若者たちが街を占拠したことから「雨傘運動」と呼ばれる香港の民主化デモ運動に、香港を代表するスター、デニス・ホーの姿があった。同性愛を公表する彼女は、この雨傘運動でキャリアの岐路に立たされていた。彼女は中心街を占拠した学生たちを支持したことにより逮捕され、中国のブラックリストに入ってしまう。スポンサーが次第に離れていき、公演を開催することが出来なくなった彼女は、自らのキャリアを再構築するため、第二の故郷であるモントリオールへと向かう。

2020年製作/83分/G/アメリカ
原題:Denise Ho: Becoming the Song
配給:太秦

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)Aquarian Works, LLC

映画レビュー

5.0どう生きたいのかと観客に問う映画

2021年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

デニス・ホーは本当に格好いい人だと思う。生き様が格好いい。香港の自由のために、一個人としてデモの最前線に立ち、武装警官と衝突を避けるために言葉を尽くす。催涙弾の飛び交う中、一般市民と行動を共にする。国連や米国議会でもスピーチし、歌の力で若者に勇気を与える。中国本土での活動を禁じられ、収入の9割を失っても彼女は活動を止めない。彼女の行動動機は損得を超えた内発性にあるのだ。
有名人が政治的な発言や行動することの重要さを説くような映画ではない。そんなことをこの映画は強制しない。むしろ、自分で考え、自分で自由に選ぶことの重要さを描いた作品だと言える。彼女の行動は誰にも強制されていないし、誰かに望まれたからやっているのでもない(むろん彼女は多くの人に支持されているのだが)。デビュー曲「千の私」の歌詞が彼女の生き方を象徴している。「たとえ私が死んでも、後に続く者がいるだろう」あなたはどう生きたいのか、とこの映画は見る人に訴えている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

3.5何千人もの私。

2021年7月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

知的

資本主義に舵を切った中国共産党にとって香港はドル箱であり、あくまでもそのための一国二制度だった。しかし中国の経済発展のスピードは予想以上に著しく、もはや一国二制度により香港人を自由にのさばらせておく必要はなくなった。
中国共産党による香港の中国化は日本でも関心が高く、日々報道されるニュースで雨傘運動、民主の女神、リンゴ日報などは知っていたものの、恥ずかしながら本作のデニス・ホー氏についてはほとんど知らなかった。
本作は主に2019年までの香港の民主活動を描いており、本作のラストは幾分まだ希望があるかのような終わりかたをしてるが、このあとの香港の民主活動は周知の通り国家安全維持法制定によりもはや風前の灯火だ。
かつての民主活動家たちは香港からの脱出、移住を余儀なくされるが、民主活動に主導的な立場だった民主の女神などは監視され国外脱出は困難であり、国安法によりこれからいかに裁かれるか不安な日々を送っているだろう。そしていまだ香港に留まっているデニス氏も同じ立場だろう。
やはり強大な権力を持つ国家には歯が立たないのか。中国共産党の前に民主活動は灰塵と化すしかないのか。
現在の中国共産党の栄華は今後もまだまだ続き、そしてその脅威は周辺諸国をも巻き込んでゆくのだろう。しかし世界に散った香港の民主活動家たちはけして諦めない。舞台を香港から世界に変えて彼らは戦い続けるのだ。「何千人もの私」が舞台を変えて時代を越えていつの日か中国の民主化を勝ち取る日が来るのを信じて。

ちなみに国家安全維持法はかつて戦前の日本に存在した治安維持法を彷彿させる悪法だが、香港の今の状況は日本にとっても全く他人事とは言えない。戦後最長を誇る安倍政権下で共謀罪、特定秘密保護法の制定、盗聴法改正により戦前の治安維持法が実質的に復活しているからだ。無関心な有権者が大半を占める形だけの民主国家のもと独裁政治は着々とその基盤を固めている。香港の民主化の戦いは我々の戦いでもあるのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
レプリカント

4.0外の世界を知るからこそ語れる『自由』

015🎬さん
2021年6月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

この映画を観て、改めて海の向こうの大国がめちゃくちゃ怖くなりました。
潤沢な金と(恐らくはその潤沢な金で他国から購入した)武器、国家に従うことを当然のこととして生まれながらに教育されてきた人々。
ほん怖。
まだ日本人で良かった。

個人的な感想ですが、この映画は一見していちアーティストの生い立ちをクローズアップする…と見せかけて、この映画の主題である『自由な香港人』のいち題材としてデニス・ホーという人物を選んでいるように感じました。
香港生まれカナダ育ち、メインの言語は(恐らく)英語、各賞総なめの歌手兼ヨーロッパのブランド企業も目をつける美貌の持ち主、そして同性愛者。
まさに本土の人達にとっては宇宙人みたいなタイプだと思います。

正直、香港で民主化デモが起こっていなくても、いずれ彼女のようなタイプは弾圧されていたんじゃないかと。
ポスト・アニタ・ムイの地位を捨てて自分の言葉で話すようになった彼女は、怖いものなんて何もないというように感じました。
ただそれは、統制を取りたい人間達にとってはただの脅威であるはず。

なんかこれっておかしくない?

そう思う人がもっとたくさんいたのなら。
他の本土の人々も、彼女と同じように自由を知る人間達であったのなら。
恐らくは、彼女が排除されるようなこともなく、香港の歴史も変わっていたんじゃないでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
015🎬

4.5【ハイブリッド・シティ】

ワンコさん
2021年6月17日
iPhoneアプリから投稿

デニス・ホーが、アメリカ・ワシントンの公聴会で、
香港を「Our hybrid city」と呼んでいた。
デニスが、涙を堪えて声を詰まらせているように聞こえた。
この場面は胸が熱くなる。

アニタ・ムイと出会い、
アニタ・ムイが亡くなった後、追いかけ、乗り越えるように歌手として大成功を収め、
LGBTの差別を禁ずる法案を後押しし、勝ち取り、
自身が同性愛者であることをカミングアウトした場所だ。

そして、ひとりの民主活動家として、自由を求める人々の象徴として雨傘運動に参加した場所。
拘束された場所。

本来は、共産主義と民主主義が共存し繁栄するはずだった場所。

90%の収入を失った場所でもある。

こうした多様性が混在し、ハイブリッドな国際都市となるはずだった香港は、今、危機に瀕している。

周庭や黄之峰は、デニスの背中を追いかけるように民主化運動を展開していたのかもしれない。

先般、この作品の上映を機に、TBSの報道番組が、デニスにコンタクトを試みたが、返信はなかったと言っていた。

その直後、周庭が釈放されたことでふと感じたのは、デニスは、自身の逮捕の際よりも、現在は、もっと中国からの締め付けが強くなっていて、自身の発言が民主活動家を刺激し、更なる悲劇につながることを危惧しているのではないのかということだった。

周庭氏は、解放直後に、真っ黒な画像をインスタにアップして、少し身体を休めたいとメッセージを発していた。
まだまだ、彼女たちの闘いは続くのだろうか。

僕の知り合いの台湾出身でカナダ国籍を持つ海外のグローバル企業で働く人は、会社から香港に出張しないように言われている。

日本の企業には、こうした配慮はあるのだろうか。
香港に出張できないのであれば、まさか有用性は低いなどと考えられたりはしてないよねと念を押したくなる。

僕は、チベット問題、内モンゴル問題、新疆ウイグル族へのジェノサイド、香港民主主義への弾圧を抗議するアムネスティに実名で署名している。

それで、僕は、もう香港や中国に渡航することを諦めている。
なぜなら、中国政府は、中国以外の外国人でも、こうした抗議活動に参加した場合、中国国内では罪に問われるとする法律を制定したからだ。

つまり、中国政府は、ネットを通じて、あんた達を監視してるという脅迫をしているのだ。
ただ、こうした脅しをするということは、同時に中国政府は民衆の力を恐れているということでもある。
だから、脅すのだ。
反社会的勢力と同じだ。
先般、NECを干すとか言っていた我が国のIT大臣もこの類だ。
バカだ。

もとい。
僕はバックパッカーとし世界中を旅もしたし、宗教遺跡を訪れるのも好きなので敦煌には一度行ってみたかったが、そんなことより、チベット、内モンゴル、新疆ウイグル、香港への弾圧を阻止することの方が重要だ。

日本の政権の動きは鈍い。
こうした人権問題で率先して動くのは、大概ヨーロッパかアメリカだ。
日本には、尖閣諸島付近に中国船が現れると大騒ぎする特殊な走性を持つ人種がいるが、この人種は人権問題だと、なりを潜めている。頭が追いつかないのだろうか。

政権には、香港の人材を呼び、東京を再び国際金融都市に…なんて計画があるというが、そんな香港の混乱に乗じた計画は、やらずぼったくりみたいで好きにはなれない。

香港の人達は、まだまだ闘う気持ちの人も多いのだから、そうした人達に失礼だとは思わないのかと言いたくなる。

安倍、菅義偉と続いた政権で、日本もモラリティが低下してしまったのだろう。

この作品を観て、デニスはすごいとか、周庭は頑張ってるとか、香港は大変だと思うのは当たり前として、是非、事態をニュースだけではなく、抗議運動はアムネスティなどでも展開しているので、署名して抗議の意思を明らかにしても良いというのであれば、参加して欲しい。

そうした世界の胎動をあの国の政府は恐れているはずだ。

世界から孤立するのを恐れているはずだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ワンコ
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング」以外にこんな作品をCheck-inしています。