劇場公開日 2020年10月9日

シカゴ7裁判のレビュー・感想・評価

4.023
33%
56%
9%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全23件中、1~20件目を表示

3.5若き日のトム・ヘイデンと出会えるA.ソーキンの社会派エンタメ

2020年10月17日
PCから投稿

悲しい

楽しい

1968年にシカゴで行われた民主党大会で暴動を企てた罪に問われた7人の被告が、いかに不公平なやり方で裁かれたか?それを検証する実録ドラマと書くと、重々しいリアル法廷劇を想像するかもしれない。が、さにあらず。脚本と監督を兼任するアーロン・ソーキンはポップな音楽とドラマチックな編集を駆使して、全体像としては、過去に関わった「ア・ヒュー・グッドメン」(92/原作・脚色)や「モリーズ・ゲーム」(17/監督・脚本)、そしてドラマの「ザ・ホワイトハウス」(19~/脚本・製作総指揮)の体で、社会派エンタメとして乗りよく描き上げていく。同じ戦争反対でも手法が異なる7人の間に生じる軋みを、エディ・レッドメインやサーシャ・バロン・コーエン等、色の異なる若手演技派たちの絶妙なアンサンブルで楽しませつつ。同時にまた、法廷で行使される人種差別的暴力がBLM運動で揺れる今のアメリカを連想させて、この作品が今年リリースされたことには少なからず意味はあったと思う。因みに、レッドメインが演じる反戦活動家のトム・ヘイデンは、反戦運動を通して知り合った女優のジェーン・フォンダと1973年に結婚(90年に離婚)。フォンダを介して映画ファンの間でも知られるようになった。「9時から5時まで」(80)のキャンペーンで来日した時のジェーンが、何かにつけて「トム・ヘイデン、トム・ヘイデン」と連呼していたのを思い出した。2016年にヘイデンは他界したが、まさか「シカゴ7」で若き日の彼に出会えるとは!?これも映画の楽しみの一つである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
清藤秀人

4.0「世界がみている!!」 作品に!

MARさん
2020年10月21日
Androidアプリから投稿

興奮

知的

1960年代末、ベトナム戦争反対のデモが激化し、首謀者とされた7人の男達‐シカゴ7‐と、一人の黒人男性、そして弁護士が悪徳判事のもと行われる、所謂「政治裁判」で闘う物語。

元々観る予定ではなかったが、評価が高いようなので鑑賞。

平和的なデモを敢行するハズだった主人公達。しかし、多くの血を流す凄惨なデモとなってしまったことによりその責任を問われたシカゴ7。しかし、本当にデモを激化させたのは…!?

本作はキャラクター達がとにかく魅力的。
特にアビー。見た目や言動はおちゃらけており、真面目なトムとは180度違う印象。
だが、確かな信念と、イメージに反して(?)実は知性的な一面も。

微妙に異なる目的・手法のトムとはどうも馬が合わないが…。
2人のシーンは超必見!!

次点でクンスラー。国選弁護人の彼が証人にしかける巧妙な尋問はお見事。
とは言え、それも皆判事に…。

ストーリーも良く、横暴な判事がまるで独裁者かのようにふるまう裁判の闇や、圧倒的権力の前に己の正義で闘う者たちの姿、そして目的の異なる者同士の間で生まれる衝突と絆に、大いに感動させられた。BGMもグッドですね♪

約50年も前の出来事が描かれているのに、まるで今日の世界を見ているような錯覚に陥ったのは私だけではないハズ。

強いて言えば、テンポもよく登場人物が多いので名前と顔を一致させるのがちょっと大変なのと、ちょっとずつ…っていうよりはいきなり一気に流れが変わったので少しとまどってしまった。まぁ、ここは史実に即したからだろうけど。

それと、彼の失態に関してうまく解釈を変えるシーン。
何を間違ったのか、私自身は初めからそう解釈していたので、なんかちょっと逆に混乱してしまった。
大事なシーンだったと思うのですが(笑)

とにかく、今回も思いがけず他の人達のレビューがきっかけで良作に出逢えたのでとても良かった。おかげで毎日映画館通いです(嬉しい悲鳴)w

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
MAR

4.0レビュー

2020年10月21日
iPhoneアプリから投稿

『ソーシャルネットワーク』などのアーロンソーキン監督作。
ここまで法廷もので絶え間なく惹きつけ続けるのは凄い‼️脚本のなせる技です✨
こうゆう史実に基づく作品では、事実確認も含めて、参考情報を漁っちゃいますね😇

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みそしる

5.0この上なく痛快

bionさん
2020年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 軽い気持ちで見だしたら、面白いし、引き込まれるし、痛快な気分になるラストまであっと言う間だった。1968年の裁判だから、ウッドストックの1年前だね。自分にとってアメリカ現代史はロック史で把握してるから、なんとなく当時の雰囲気はわかる。それに当時の映像がときどきカットインされるから、現実にあった出来事だということが思い知らされる。

 この作品は、予備知識なしで見たけれども、主要登場人物の性格や思想が自然とわかるようになっているのがすごいね。さすが、アーロン・ソーキン監督。主要人物のキャラクターはこんな感じ。

■アビー・ホフマン
 頭の回転が早くて、冷静沈着。権力を笑いでもって地に落とすことが最上の喜び。
■トム・ヘイデン
 秀才のお坊ちゃま育ち。真面目すぎて型を破ることができない。
■ボビー・シール
 信念の闘士。
■ジェリー・ルービン
 権力を屁とも思っていないが、女に弱い。
■リチャード・H・シュルツ(検事)
 公正さ、客観力を持っているが、自分の職務に忠実。
■ウィリアム・クンスラー(弁護士)
 真の正義が行動基準の人権派弁護士。お金は2の次。
■ジュリアス・ホフマン(判事)
 悪代官そのもの。上にへつらい。下に厳しい。

 裁判が進むにつれて、ジュリアス・ホフマン判事への怒りがマグマがどんどん溜まってくる。そして、あのラストだから、涙とともに溜飲という溜飲が下がってこの上なく痛快。(逆流性食道炎持ちだから、ほんとは下がらないけど😹)

 FBIの覆面捜査官のすました笑顔が、とても印象的。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
bion

4.0酒場で声をかけてくる美女に気をつけろ!

Naokisky2さん
2020年10月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

知的

覆面捜査官たちの描写が素晴らしいです。
みんな本職かと思うほどのキャスティングたち。
邦画でこんなデモシーンを撮れたのって、『飛んで埼玉』ぐらいじゃないかな?

あとデモ隊で声出したアイツって潜入捜査側の協力者なんだろうな、と思っております。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Naokisky2

5.0ベトナム戦争

miharyiさん
2020年10月18日
PCから投稿

泥沼化するベトナム戦争に於いて、兵士を強制的に募り無駄に若者を死に追いやり、その一方で村民虐殺、女子供老人を問わずの無差別射撃、枯れ葉剤散布など極めて非道な行いに対し、アメリカ市⺠や活動家たちがベトナム戦争に反対する抗議デモのために集結。
デモの⾸謀者とされた7 ⼈の男〈シカゴ・セブン〉は、暴動を煽った罪で起訴されるが、その裁判は裁判長が最初から有罪を確定するように仕向けた屈辱的なものだった。
この実話に基づく作品は、キャスティングも豪華だが、映像のところどころで実際のモノクロ映像が流れ、また黒人差別の惨たらしさを描き出し、緊迫したストーリー展開となっている。

特記:米戦死者数 58,220人。
  :南ベトナム民間人死者数 1,580,100人。
  :北ベトナム民間人死者数 3,000,000人。

枯れ葉剤の後遺症や、大地に埋まった大量のクラスター爆弾の不発弾など、
今もなお、住民に被害を与え続けている。

コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
miharyi

3.0Netflixにて

2020年10月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

1968年ベトナム戦争を反対で暴動を引き起こしたとして、8名の若者達が起訴された。後で7名になるが、
裁判官は、政府寄りで有罪をするつもりの裁判だ。
ラストのこの裁判の間に亡くなった兵士の名前を読み上げるシーンは、感動的だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
大阪ぶたまん

5.0アーロン・ソーキン キレッキレ

2020年10月18日
iPhoneアプリから投稿

まず、オープニングシークエンスのキレッキレ具合でノックアウト。

アーロン・ソーキン監督は「ソーシャル・ネットワーク」の脚本家で、あの作品ではオタク調の早口で膨大なセリフでたたみかけるシーンが印象的だったが、本作ではシカゴ7達それぞれがバトンタッチ風に(放送禁止用語全開で)膨大なセリフを繋いでいくオープニングシーンになっていた。なんてアガるオープニングなんだろう。

オープニング後は豪華俳優陣による法廷劇で、本当に法廷しか映らない!笑
ですが、2時間があっという間に感じるほど引き込まれる内容。最高でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ヘルスポーン

4.0今の米国の絶望と希望を語るためのmetaphor

h.h.atsuさん
2020年10月18日
iPhoneアプリから投稿

米国は摩訶不思議な国だ。いまBLMがクローズアップされているが、たびたび大統領選挙の争点にあがるほど一向に人種問題は進展しない。銃による暗殺で停滞する状況を「改善」しようとする暴力性が強い社会だ。かと思えば、一方でマイノリティや虐げられる人々を命がけで守ろうとするNPOやメディアのなかに間違いなく民主主義の正義は存在する。矛盾撞着した社会構造を持つ国家だ。

また、政権交代にあわせて政治体制は大きく変化するため、昨日までの重要推進政策が今日には問題ある再検討課題にひっくり返る。争点のオバマケアもそのひとつ。

本作の主役である被告7人(もとは8人)も政治の変化に翻弄されていく。原告の検察官も裁判官もある意味で政治の「被害者」だ。まるで今の最高裁判事任官問題と同じ話。

作品の時代の69年の米国と今の米国の姿はさまざまな点で重なってみえる。いやA.Sorkin監督は間違いなくその点を意識して制作しているはず。
69年当時のアメリカは、人種問題とベトナム戦争によって分断された社会であり、今の米国は新自由主義の「経済戦争」下で所得格差で社会は分断され、それとともに人種問題が再燃している。就任下の社会の分断を煽ることで自らの存在価値を維持してきた、ふたりの大統領の存在も象徴的だ。

戦争下での言論の自由はどこまで許されるか。同調圧力と政府におもねる日本のマスメディアのことを考えると他人事には思えない。むしろ69年や今の米国の方が格段に健全な状態だといえる。

本作は秀悦な法廷ドラマとしても十二分に楽しめる。被告7人の思惑や裁判の目指すゴールが異なり出だしから衝突する。
保守的で権威的な判事は、弁護人や被告に敵対的でさまざまな妨害や圧力をかけてくる。
政府も水面下で被告に不利な状況をつくり揺さぶりをかける。被告7人にとって、まさに八方塞がりの状況。

しかし、米国の正義を守るのは、最後は一人ひとりの一市民であり、主義・政党を超えた「アメリカの良心」なのだと思う。今の米国も必ず困難を乗り越えられるPower(回復能力)を持っている。そんなメッセージを強く感じる作品。

こういう作品を観ると、映画で政治や社会のタブーを恐れない米国の姿勢は、日本の映画界もぜひ学んでほしいといつも思わされる。

The whole wold is watching!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
h.h.atsu

4.5【守るべきもの】

ワンコさん
2020年10月18日
iPhoneアプリから投稿

ベトナム戦争のアメリカの死者は約5万8千人。
新型コロナの死者数が、この数を超えたと比較して話題になるほど、アメリカにとっては、これからも続く負の遺産だ。

ベトナム戦争は、インドシナ戦争を引き継いで、第二次インドシナ戦争と呼ぶ人もいるが、差し詰め前者が植民地主義の戦争とすれば、ベトナム戦争はイデオロギーの戦争だった。
自由主義と社会主義の戦い。

現在、トランプが大統領選を繰り広げる中で、バイデンを社会主義者と呼んで差別しようとするのは、アメリカ社会の特に白人層に社会主義を毛嫌いする風潮が残っているからに他ならない。

この裁判で、シカゴセブン+1が戦っているのは、検察ではなく、どちらかと言うと裁判官と権力だ。

アメリカでは、最高裁判所の判事を大統領が指名するなど、その政治信条が色濃く出る司法システムになっている。
つまり、それは判決にも結果として出てくるし、陪審員裁判でも、陪審員の白山と黒人の割合によって、被告の判決が大きく変わることは珍しくない。
こうしたものは映画としても描かれている。

ただ、確かに、こうした裁判のプロセスや裁判官には怒りを感じるのだが、この作品では、被告側の心情や態度の移り変わりを描こうとしているところも実は興味深い。

それぞれ異なる政治信条、財政事情、インテリジェンスか無学か。当初は、まとまりが全くなく、相互が理解しようとする気配がないところから始まり、非難を繰り返したり、時には激昂したりしながらも、デモの本来の共通のモチベーションが何だったのかを見出していく。

もし、この作品にメッセージがあるとしたら、それぞれ異なる信条があったとしても、何か見出せる普遍的な価値が必ずあるのではないかということだ。

アメリカで今も行われている、#BlackLivesMatter のムーヴメントにしても、暴徒化し略奪に走る者もいる。
だが、冷静な行動と秩序ある大きな大きな塊となった要求こそが世の中を動かすのだということではないのか。

あの、戦死者の名前を読み上げる場面には、そんなメッセージがあるのではないのかと思う。

これは、ベトナム戦争の合計死者、行方不明者のおおよそのデータだ。

南ベトナム側
死者、約30万人
行方不明者、約150万人
民間死者、約160万人

北ベトナム側
死者、約120万人
行方不明者、約60万人
民間死者、約300万人

この数字の示すところは膨大な死者、行方不明者の数だけではなく、南北のブレイクダウンの差も実は興味深い。

何を感じるかはそれぞれ違うと思う。
ただ、説明は割愛するが、僕は、ベトナム人にとってこれは、イデオロギーの戦いではなく、アイデンティティの戦いであったのではないかと思うのだ。

この後、中国がベトナムに戦争をしかけるが、ベトナムは中国にも勝っている。

最後に、政治が司法に介入しようとする姿は、最近の日本にもあった。
そして、それは世論によって退けられた。
しかし、またゾロ、政権はトライしてくる。

僕達の現在の社会システムで守るべきは一体何なのかも考えさせられる作品だったと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
ワンコ

4.5世界が見ている!

よしさん
2020年10月17日
Androidアプリから投稿

THE WORLD IS WATCHING!!
《政治裁判》アーロン・ソーキンがまたも素晴らしい実話モノで、法廷モノを作ってくれた!世界が見てる!流石アーロン・ソーキン、自身の強みを最大限活かしている。豪華役者陣も本当に良い。
7人に自由を!8人いる?タイトルが出るまでの冒頭7分ですっかり引き込まれる。シーンのつなぎ方が天才か。物語の運び方、出来事の見せ方が本当に上手い。平和的抗議デモのはずがいつしか暴動に --- 裁判にかけられた各団体の代表者達。担当するのは堅物で偏った判事。途中助っ人キャラとして出てくるクソ格好良いマイケル・キートン。抜群の安定感でイメージ通りな役柄なエディ・レッドメインはいつまで学生役ができるのか。徐々に彼が主人公である理由が見えてくる、キャラクターや葛藤が浮かび上がってくる。暴動を起こしたのは?胸糞からの胸熱…え、え?からのそういうことだったのか!パワフルでエモーショナルに掴まれる。
アーロン・ソーキン × 法廷モノ =『ア・フュー・グッドメン』はじめ、オスカー受賞『ソーシャルネットワーク』や『モリーズ・ゲーム』(本作同様監督も)などキャラの立った軽妙かつ秀逸なセリフ回しに構成力で言わずと知れた名脚本家アーロン・ソーキンが、言葉の解釈や曖昧さで終盤の山場を持ってくるのが何とも感じ入った。そして一気にトム・ヘイデンに肩入れ・共感してしまう。それさえ説明しなければいけないとはな。暴力描写はじめここでは"60年代"が繰り広げられる。そして今語り直される価値がある。世界が見てる!!!!!!!

One egg is enough. We were chosen!! Our blood. 警官の横暴を皆見ろ、所有代名詞を使わずに曖昧に「彼は最高にイカしたアメリカ愛国者だ」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
よし

4.02020年ベストムービー!⭐️✨

stoneageさん
2020年10月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

Netflix作品。劇場での限定公開を観た。

とても見応えのある裁判ドラマでした。

当時アメリカで、この様な出来事が実際にあったということは、もちろん知りませんでしたが、当時の時代の雰囲気も伝わって来て、最後まで目の離せない作品でした。

ベトナム以降のアメリカを知っているからこそ、この作品の面白さがあるのではと思いました。

*60年代のアメリカについて多少なりとも知っている方が楽しめるかも知れませんね。ベトナム戦争とか、ヒッピー、公民権運動、ケネディ、ブラック・パンサー、アレン・ギンズバーグ、etc.

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
stoneage

4.0要予備知識

Sweetさん
2020年10月15日
PCから投稿

歴史的背景を知らないとカオスになる。
ここの感想を読んで、前もって予備知識をしこんでおいて良かった。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
Sweet

4.5怒涛の130分

2020年10月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

「シカゴ7裁判」ベトナム戦争時の反戦デモでの警察との衝突で、共和党ニクソン政権成立後にいきなり起訴された活動家たちとあらゆる手段を使って、彼らを有罪にしようとする権力側との闘いを描いた作品、うん、傑作です。

裁判での白熱する駆け引き、一枚岩ではない活動家たちのディスカッションがスピーディーに描かれ、その合間に暴動のフラッシュバックシーンが不穏にそしてスリリングに挿入される。全てが完璧。怒涛の130分。#シカゴ7裁判

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
flipperpinball

3.0セリフやキャラクターが面白い。

Yojiさん
2020年10月12日
iPhoneアプリから投稿

渋谷アップリンクで見てきました。
1960年代ベトナム戦争に反対するデモの各リーダー7人を暴動の扇動をしたという理由で強引に起訴した国家権力との裁判劇です。
セリフ量が膨大で激しい裁判劇のやり取りが続きますが、登場人物のキャラクターが面白く娯楽作品にしてるのが脚本家の力でしょう。
題材的に地味で重いですが出演者もかなり豪華です。Netflixオリジナル映画だから実現した作品かと。
脚本監督のアーロン・ソーキンの脚本が魅力的です。裁判劇が好きな方にはお勧めします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
Yoji

4.0却下する

Bacchusさん
2020年10月11日
Androidアプリから投稿

怖い

興奮

事件の知識は無い状態で観賞。

1968年にシカゴで開かれた民主党全国大会会場近隣の公園、及び、周辺で行われた大規模なベトナム戦争抗議デモで暴動が発生し、暴動を主導したとして共謀罪で逮捕、起訴された7人の裁判の話。

事件直後お咎めは無かったが、体制の変化により、罪状を無理やり当て嵌められてというストーリーで、裁判とは名ばかりの、有罪にしたてあげる出来レース。
なんて恐ろしい陰謀ストーリーだよ!

当日何が起きていたかを小出しにみせながら、法廷劇を展開して行くけれど、判事もグルでまともに審理にならない胸クソの悪さ。

被告側も7人全員で1組ではないから、そこでの意見のぶつかり合いもあり、見所たっぷり。
クラークの「出した」は痺れたし、色めき立ったんだけどねー。

絶望からの、最後の有無を言わせぬ抵抗も非常に熱くとても面白く興奮した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
Bacchus

4.510/16からNetflixで配信されるので 主な出演者と簡単な感...

2020年10月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

10/16からNetflixで配信されるので
主な出演者と簡単な感想を。

エディ・レッドメイン
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
マーク・ライアンス
サシャ・バロン・コーエン
ケルヴィン・ハリソンJr
アレックス・シャープ
ジェレミー・ストロング
マイケル・キートン
ジョン・キャロル・リンチ
フランク・ランジェラ
ヤーヤ・アブドゥル

上記の他にも、観たことあるぞ!という役者さんが沢山出演していて、役者が揃っています。そして個々の役者さんたちの演技が素晴らしい。

個人的にはサシャ・バロン・コーエン、マーク・ライアンスの演技と人物が好きでした。マーク・ライアンスの放つある言葉は、あの場面にいた者、そして観ているこちらの鬱憤を晴らしてくれる言葉でした。
言葉と言えば、ヤーヤ・アブドゥルの言葉、、かなりずしりときます。

これだけの役者さんたちをまとめているのが、監督、脚本を務めたアーロン・ソーキン。
ソーキンが脚本した、
“ソーシャル・ネットワーク”
“スティーブ・ジョブズ”はどちらも映画館で
観ましたが素晴らしい脚本でした。
懐かしいところで
“ア・フュー・グッドメン”の原作と脚本も
ソーキンだったんですね。さっき知りました。。

権力と法廷、法律と感情、信念と立場。
重厚なテーマの中にウィットに富んだ会話が随所に盛り込まれていて、緩急のある構成が素晴らしい。
個々の人物の見せ方、背景の描写も丁寧に描かれている。
しかし、このお話しはどうやって終わりを向かえるのだろうと思っていましたが、、
見事でした。ここにきてのこの閉め。。
さすがに胸に込み上げる熱いものを閉じ込められずでした。
素晴らしい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 14 件)
ワイルドとみまる

2.0アメリカらしい戦い

KZKさん
2020年10月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 21 件)
KZK

3.0ラストシーン

かんさん
2020年10月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

いいですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
かん

4.0The world is watching

コンブさん
2020年10月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 18 件)
コンブ
「シカゴ7裁判」の作品トップへ