映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ

劇場公開日

映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ
23%
57%
20%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「四月は君の嘘」の原作者・新川直司が女子サッカーを題材に描いたコミック「さよなら私のクラマー」「さよならフットボール」をアニメ化した映画&テレビシリーズ「さよなら私のクラマー」の映画版。女子サッカーの頂点を目指す高校生編を描くテレビ版に対し、映画版では主人公・恩田希が男子サッカーで苦闘する中学生編を描く。子どもの頃から男の子たちの中でサッカーを続けてきた希。優れたテクニックを持ち、誰よりも努力してきた彼女だったが、中学に入ると性別による身体差という大きな壁にぶつかり、滅多に試合に出してもらえなくなっていた。中学2年生になった彼女は、新人戦の1回戦に出場したいと監督に申し出る。対戦相手は幼なじみのナメックこと谷安昭が主将を務める江上西中学校で、希はナメックから、身体の大きな男子に女子が敵うわけがないと言われていた。試合に勝つことでその言葉を跳ねのけるべく、孤独な戦いに挑む希だったが……。

2021年製作/104分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)新川直司・講談社/2021「映画 さよなら私のクラマー」製作委員会

映画レビュー

4.0ジェンダーとフィジカル

2021年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ジェンダーバランスと平等が社会のあちこちで議論されている。スポーツというのは、おそらくジェンダーというテーマで最も難しい分野の1つだと思う。男性と女声では明確に身体能力が異なるからだ。この作品は中学サッカーを舞台にジェンダーとスポーツにおけるフィジカル差をテーマにしている。
主人公の恩田希は、小さい頃から男子に混じってサッカーをやっていた。小学校時代までは男女のフィジカル差は顕著ではないので、誰よりもテクニックのある恩田は活躍できた。しかし、中学時代は成長期であり、男女の体格差は明白になっていく時期だ。小学校時代は仲間の中で一番高身長だった恩田は、中学になってどんどん身長を抜かれていく。中学の監督は成長期の大事な生徒に一生モノの怪我を負わせたくないから彼女を試合に出そうとしない。女であるというだけで試合に出れない悔しさをバネに恩田は、一層テクニックに磨きをかけ、「フィジカル以外の全て」で男子を越えようと努力する。
男女の体格差はどれだけ世の中が平等になっても埋まらないかもしれない。しかし、主人公はフィジカル差をテクニックで跳ね返す。サッカーはフィジカルだけで決まらないスポーツであることが本作のポイントだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

3.0よく頑張りました!

2021年7月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

本作品を観てからTVシリーズを見直すと、希ちゃんのサッカー大好きの気持ちがよく分かります。
3年間も試合に出させてもらえず、よく頑張りました。
これから蕨〜ズで、大活躍すると思っていたのですが、残念ながら原作は完結したみたいですね。
続編の執筆を期待します!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はるっち

3.0もっと早く気付く気がする

Scottさん
2021年7月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Scott

4.0矢部っちを探せ!(レベル30くらい?)

しん。さん
2021年6月27日
Androidアプリから投稿

いわゆる「0巻」モノ。
で、入場時に0巻貰えます。知らなかったので最高に嬉しい!

本編は高校女子サッカーのお話ですが、映画はその前、中学サッカーのお話です。
「女だから」とか「男に敵うはずがない」とか、わかってはいるがこのご時世では違和感がある言葉。
「CBに競い合いで負けるから」など具体的なダメ出しと、個性を活かして直接当たらないやり方を指導をコーチがすべきだなと、変な方向の感想を持ちながら観ていました。

まぁ、本編が好きな方は楽しめます。
最後の方で、うるっときますw

最後のスタッフロールでナインティナイン矢部さんの名前が出てきます。
スペシャルゲストで出ています。
さて、どこで出ているのか注目です!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しん。
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る