グレイハウンドのレビュー・感想・評価

3.813
14%
75%
11%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全13件を表示

3.5非日常が曇らせる評価基準

2020年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

目を瞠るシーンが訪れるたびに、劇場で鑑賞出来ない暗い事実への反発で心がざわめいた。

青や黒より水しぶきの白が勝る荒波に、角度も鋭くつっこんだ艦首が呑まれていくダイナミズム。これを映画館で観ずしてどうする! 敵Uボートを沈めた証として、兵士たちが流した血のようにどす黒い燃料の油が海面に浮かぶホラーとそれを見つめるトム・ハンクス艦長の悲痛な表情。これを大スクリーンで観られないなんて!

もしかすると反発心が生んだ過剰な評価かもしれない。実際に劇場でこの映画を観ていたら、けっこう良かったね、くらいでスルーしてしまっていた可能性がないとは言えない。事実、約90分という上映時間は、劇場で体感するには少し物足りない尺だ。

劇場で観るはずの映画を小さなデバイスの画面で観るという“非日常”は、明らかに作品を評価する眼を曇らせている。正直に言って、この映画を何のバイアスもなしにこれまでと等しく評価できる気がしない。

これまで大スクリーンで迫力ある映像と音響を当たり前のように享受してきた我々はいま、まさに時代の過渡期にいる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
オスカーノユクエ

4.0海の上ではセンチメンタルなセリフは不要なストイック仕様!

村山章さん
2020年9月30日
PCから投稿

スゴいなと感心したのはトム・ハンクスの脚本で、観終わってから振り返ってみると、この映画にはほぼ一切心情を吐露するようなセリフがない。海戦の最中にあって、気持ちのケアをしている余裕は一切ないからだ。それでもハンクス扮する艦長は部下を、部下は艦長を気遣い、そして全員がプロの仕事をまっとうしようと全力を尽くしている。心情を吐露しないからとして、登場人物が無味乾燥なわけでは決してなく、それぞれの葛藤が想いは演技と演出から過不足なく伝わってくる。ストイックな脚本を、ちゃんと監督も咀嚼して作っているのだろう(脚本家が主演俳優として出ずっぱりなのだから、監督のプレッシャーも凄そうだ)。

そしてハンクス扮する艦長の、実力と限界とが残酷なほど描かれているのもいい。彼を律しているのが信仰である、という描き方は、正直無宗教なのでピンとは来ないが、『ハクソー・リッジ』にも似た信仰ゆえの過剰さを描いた映画である、という解釈もできるように思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
村山章

4.0緊迫感とスピード感たっぷり

Yukさん
2021年8月7日
iPhoneアプリから投稿

大西洋を渡る補給船団を護衛する駆逐艦とUボートの戦い。
短編映画と言ってもいいような短さだが、ミリタリーマニアでなくとも心躍る緊迫感とスピード感。

駆逐艦の艦長を演じるトム・ハンクスと、重々しい画のトーンがプライベートライアンを思い起こさせる。なんと、脚本を書いたのはトム・ハンクスですね。
ちょっと駆け足感が過ぎる気もするが、これを劇場で観たらどんなに良かったかと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Yuk

4.0戦争映画としてはなかなか

SICK_JOYさん
2021年7月7日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SICK_JOY

5.0ヒーロー物語のトムハンクスはやっぱりイイ

TKMCOMさん
2021年6月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

淡々と冷静に、艦長として初の任務・闘いに挑む。
船団の護衛というシナリオも良いし、U-ボートの無線ジャックの不気味さもシリアス感を増している。
レビュータイトルの通り、ヒーロー物語のトムハンクスの演技はやっぱりイイ!!!
初の Apple TV+ での視聴だったが、連続して何度も見られるのも最高!!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
TKMCOM

3.5Pコート着て観たくなるね

2021年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

諸々の事情で配信オンリーになったようだが果たして劇場公開が興行的に吉と出たのかどうか……もちろん大迫力の映像は劇場の大画面で観たいが内容がマニアックすぎる気も。「狼の群れ」作戦に勇躍対峙する護送船団のリーダーの活躍(というか右往左往?)が余計なサイドストーリー抜きで描かれるため、本当に駆逐艦に乗って大西洋を渡っている感覚になり、船酔いや寒さ、制空権がなくなった後のサメの海に投げ出されたような不安がその場にいるかのように伝わってくる。またUボート側のシーンは一切無く乗員の遠景や無線の罵詈雑言だけ、また撃沈後の油だけなのがさらに臨場感を増す。しかしその辺の予備知識が無いと膨らみのない平板な印象を受けるのでは、と余計な心配。とにかく観終わってひとこと「あー寒かった!」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あっきー

4.5グレイハウンドに立つ

NNNさん
2021年3月23日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NNN

2.5もう少し脚本に深みが欲しかった

marvgooseさん
2020年8月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
marvgoose

4.0良作の海軍映画

素子さん
2020年8月9日
iPhoneアプリから投稿

実在した艦長をもとにした戦争映画。とても面白かった。Uボートとの緊迫の戦闘はもちろん、リーダーとしての威厳、戦争の実情のついてもなかなかうまく描写されていて良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

4.0戦争

2020年8月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

戦争映画がカッコよくて大好きだったのは四十代の半ばまでだっただろうか
『史上最大の作戦』や『荒鷲の要塞』などを見て心を躍らせドラマ『COMBAT!』に憧れて軍服やベルトを通販で買ったものです
最近では戦争映画自体もリアルさを増し戦争体験者などはどんな気持ちで映画を見ているのだろうか
私も見ていて心がヒリヒリする事が多くなりました
とても昔のように兵士をヒーローのように思えなくなったのは事実です
何がどうであれ人の命を奪うことは罪なのだと思います
戦争という大義名分があろうともそれは違うのではないでしょうか
この船の艦長がこんな風に神に祈っていました
「悪しき敵から守りたまえ」
悪しき敵から⁈
昔から見ていてドイツ軍が悪だと思わされてきましたがドイツ国民自体は悪でも何でもない、むしろとてつもない被害者なのかも知れませんね
そのドイツ兵を今となっては「悪」と言えるでしょうか
私たちが日本人でもそうです
知れば知るほど日本兵の酷さも見えてきましたからやはり戦争に対しての思いはどうしようもないやるせなさが残るばかりです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カルヴェロ1952ll

4.0戦争映画というよりもリーダーのあり方を教えてくれた

まささん
2020年7月23日
iPhoneアプリから投稿

  はじめての艦長として乗り込んだ、グレイハウンド。
  そりゃあ、自分が乗組員なら経験の薄い艦長で大丈夫かいなと思う。敵Uボートの攻撃リスクに常に苛まれるのだから。

  でも、アーネスト・クラウス艦長は、様々な危機的状況を乗り越えて任務を初めて達成した。そりゃあ、戦死者もでたし、何隻かは沈没したりもしたが
 2時間弱のストーリーの中で、確実に乗組員の当初の「大丈夫かな」は確実に心底の敬意に変わっていったのがよくわかった。

  ひょっとして、何も食べなかったのかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まさ

4.0見応えあり!洋上の「ブラック・ホーク・ダウン」か!?

じょぉさん
2020年7月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

コロナ禍の影響で劇場公開を見送ってしまい、Apple TV+でオンデマンド公開になってしまったトム・ハンクスプロデュース、脚本(!)・主演の入魂の映画。
ネタバレは避けるが、ショートな上映時間1時間30分ほどのほとんどが第二次世界大戦、連合軍の船団護衛 vs Uボートの正に手に汗握る攻防である。
もう、洋上の「ブラック・ホーク・ダウン」とでも形容したくなるくらい、対Uボートとの戦闘、戦闘、戦闘が続き、連合軍とともに休む暇がない!
現代戦と違う、第二次世界大戦当時の対潜水艦戦はものすごい緊張感、緊迫感で迫ってくる。
その描き方は特徴的(見てね)
そしてその描き方によって自分も駆逐艦に放り込まれたかなような緊張を強いられる。
描写は、奇を衒わず、アクションを丁寧に、時にダイナミックに見せる。
おそらく、船団、駆逐艦、Uボート、そして海など、ほぼ全てCGだろうが、かなり見事にできている。
実写で不自由に撮ることも(ダンケルクとか)それはそれでいいが、きちんとスケール感も含めて描写するためにはCGは避けられなかったことだろう。
トム・ハンクスは、過去に第二次世界大戦のドラマシリーズをプロデュースしているが、それらの作品にあった目を背けたくなるリアルと思わせる惨状は、かなり控えめな描写。
特徴的な描き方に控えめになった理由があると思うが、ひょっとしたらグロ表現を嫌うApple TV+で公開するため、少々割愛されたのではとも勘繰れる。
それでも、敵も味方も生死を分ける戦闘から戦争の恐ろしさはにじみ出る。
Uボートを撃破できれば一気に50人、死ぬわけだ。
駆逐艦や物資運搬船がやられれば、一撃を逃れても逃げ遅れたり溺れたりして相当数の犠牲者が出る。
下手をすればマスゲームのような映画になってしまうところをきちんと処理したトム・ハンクスの脚本はお見事。
反戦を声高にいうでもなく、ある意味淡々と、ある洋上の殺るか殺られるかの戦闘を描くことで戦争の恐ろしさを伝える手法。
やはり洋上版ブラック・ホーク・ダウン的興奮を覚えた。
自分は絶対に戦場に行きたくない、行っても使い物にならないであろうことを思い知らせてくれる。行きたくないから、兵士教育を受けた誰かを人殺しに出撃させたくないから反戦を願う。

世界同時公開したばかりで字幕版オンリーだが、近いうちに日本語吹き替え版もアップされる模様。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
じょぉ

5.0ありそうで無かった戦争映画

なかつさん
2020年7月11日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
なかつ
「グレイハウンド」の作品トップへ