マイ・バッハ 不屈のピアニスト

劇場公開日

マイ・バッハ 不屈のピアニスト
15%
65%
16%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「20世紀最高のバッハの演奏家」と称され、事故によるハンディキャップを抱えながら、不屈の精神で困難に立ち向かったピアニスト、ジョアン・カルロス・マルティンスの半生を描いたドラマ。病弱の幼少期にピアノと出会い、その才能が大きく開花させたジョアン・カルロス。その才能を伸ばしていったジョアンは、20歳でクラシック音楽の殿堂として知られるカーネギーホールでデビューを飾り、「20世紀の最も偉大なバッハの奏者」として世界的に活躍するまでになる。一流の演奏家として世界を飛び回っていたが、不慮の事故により右手の3本の指に障害を抱え、ピアニストとしての生命線である指が動かせなくなってしまう。しかし、不屈の闘志でリハビリに励んだジョアンは、ピアニストしての活動を再開。自身の代名詞ともいえるバッハの全ピアノ曲収録という偉業に挑戦する。そんな中、ジョアンはさらなる不幸に見舞われてしまう。

2017年製作/117分/R15+/ブラジル
原題:Joao, o Maestro
配給:イオンエンターテイメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0この音楽家の演奏にもっともっと浸りたくなる

2020年9月29日
PCから投稿

音楽家の物語といえば欧米メインとなるケースが圧倒的に多い中、本作の舞台はラテンアメリカ。それだけでも非常に意義深い作品ではないか。主人公の神童ぶりは、まだ幼い少年時代の描写から鮮烈だ。どんな難しい練習曲も「タッタタ、タッタタ」とたやすく拍を諳んじてみせ、音楽への情熱は人一倍。それに、いつしか世界進出する彼には無邪気で奔放なところもあって、そこがまた人を(特に女性たちを)惹きつける。

演奏場面で俳優の表情と手の動きをきちんと活写するあたり、相当な準備期間を経てこの難役に挑んだものと感じた。そして苦難に次ぐ苦難と対峙する後半は人間ドラマとして力強く、言葉以上に音楽が魂のうねりを代弁する。決してあきらめない。絶望しない。自分にやれる範囲で情熱を捧げる。その人生が巡り巡って音楽の響きにもいっそう輝きをもたらしているかのよう。本作を鑑賞後、この音楽家の演奏にもっともっと浸りたい思いで一杯になった。

コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
牛津厚信

4.0端正な演奏と裏腹の軽率な“やらかし”の描写はラテン気質ゆえか

2020年9月15日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
高森 郁哉

2.5芸術家はみんなこういうタイプなのかと勘違いする

2021年8月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

興奮

芸術家はみんなこういうタイプなのかと勘違いしそう、今一彼のピアニストとしての素晴らしさが伝わりづらかった。偏屈で女好きの一面どころかそこしかなかったようなぁ。実在の人物なのでそこにドラマを求た自分も見立て違いでしたが。
ただやはり演奏シーンは聴き入ってしまうほどの迫力もあって、知っている曲が流れると興奮もするしもっと聴いていたかった。実際の音響を使っているとのことで納得。パラリンピックでの演奏シーンを見たかったと思うのは我が儘かな。自分で調べます。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ふたり映画

4.5音楽の神様は、いる。

fukui42さん
2021年8月14日
iPhoneアプリから投稿

ピアノの神童→ピアニストとして成功→花高々の最中右手をケガ→挫折。
やっちゃったよ。
でもそこからどう立ち上がっていくか。
約1時間ここまで。でも、まだ多分1時間あるけど?。
そこからが、興味深かった。

「人生のほとんどをピアノの前で過ごしたから、愛し方がわからない」。
なるほどね、その道の達人はだから不器用なのか。
そしてもう一度ケガをしてしまう災難。指に障害。もう再起不能だよね普通。
でも医師の言葉「ピアノ“は“弾けない」。
音楽を表現するのは、何もピアノだけじゃない。
そっか、そういうことか!。

印象的だったのが、一度挫折した時。
久しぶりにピアノに向かった際、アパートの住人からこんな苦情が。
「窓を開けて弾いてくれ、よく聞こえないじゃないか」。
自分の音楽を、聞いてくれる人がいる。きっと彼の励みになったでしょう。

なんでも作品中のバッハピアノ曲は(多分全編バッハ曲)。
実際のジョアン自身が録音した曲を、使っているとありました。

ピアノの音色が嫌いじゃなかったら、ぜひおすすめの1作。
後半からがグッときますよ。

⭐️今日のマーカーワード⭐️
「バッハの曲は、すべての演奏家のためにある」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「マイ・バッハ 不屈のピアニスト」以外にこんな作品をCheck-inしています。