ブルータル・ジャスティス

劇場公開日

ブルータル・ジャスティス
28%
50%
16%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「トマホーク ガンマンvs食人族」「デンジャラス・プリズン 牢獄の処刑人」などでカルト的人気を集める気鋭の監督S・クレイグ・ザラーが手がけたバイオレンスアクション。ベテラン刑事のブレットと相棒のトニーは、強引な逮捕が原因で6週間の無給の停職処分を受けてしまう。どうしても大金を必要としていたブレットは、犯罪者たちを監視し、彼らが取引した金を強奪するという計画を練る。ブレットはトニーを誘って計画を実行に移し、ボーゲルマンという男の監視を開始する。そしてある朝、動き始めたボーゲルマンとその仲間を尾行するが……。ブレット役をメル・ギブソンが演じ、トニー役は「デンジャラス・プリズン 牢獄の処刑人」でもザラー監督とタッグを組んだビンス・ボーンが務めた。そのほか「戦場のピアニスト」「タクシー運転手 約束は海を越えて」のトーマス・クレッチマンが出演し、極悪非道の強盗犯を演じている。

2018年製作/159分/R15+/カナダ・イギリス・アメリカ合作
原題:Dragged Across Concrete
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

COPYRIGHT (C) 2018 DAC FILM, LLC. All RIGHTS RESERVED

映画レビュー

4.5邦題は、ちょっとおかしいかな。

村山章さん
2020年8月31日
PCから投稿

邦題、と言っても、カナダのフランス語圏のタイトルが「ジュスティス・ブルタル」なので、日本独自というわけでもなさそうだが、決して「野蛮な正義」の物語ではない。むしろ野蛮な刑事たちが私利のために「正義」から逸脱する姿を描いており、その一方で、彼らは正義をすべて捨てらることはできないと、どこかで線を引こうとする。その試みは決して「野蛮」ではない。やはり「コンクリの上を引きずられて」とでも訳すべきか、原題のイメージの方が作品の印象に近い。

と重箱の隅のような話をしてしまったが、S・クレイグ・ザラー監督だから「野蛮」な残虐描写は本当にどうかしているし、同じくらい日常のなにげない描写に力を注いでいるのも相変わらずだ。そこに優劣を付けたりせず、映画の常道に頼って過剰に面白く見せようとしていないのもいい。「よくできた映画」はそれはそれで魅力があるし楽しいのだが、ザラーの「よくできた」なんてウソっぽくね?とでも言いたげな無骨なリアルへのアプローチは、映画を新しく捉え直す時代の流れの最先端だと感じている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
村山章

3.0今ひとつわからなかった

bigsukeさん
2022年5月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2人はあぶ刑事のようなやり取りをしてるんだろうけど、いかんせん字幕ではうまく伝わってこなかった。
そしていくつかの話が断片的にあり、何か繋がらず。
露骨な尾行はお粗末だし、終わり方も微妙。メルギブソンだから評価が高いのかな。個人的には不完全燃焼だった。
評価:3.1

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bigsuke

4.0長い・・・けど、観る価値あり。

よしさん
2022年4月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

強盗の上前を横取りしようとする警官と、一攫千金で劣悪な生活から抜け出そうとする青年の苦闘を描く物語。

メル・ギブソン主演のクライムサスペンスです。何気なく観始めましたが、思いのほか秀作でした。

まず登場人物の描写が丁寧で、それに好感。彼等のバックボーンや行動の理由が分かると、それだけ感情移入し易くなります。
逆に、強盗団はまったく素性が明かされず、顔すら隠したままにして不気味さを際立たせることに成功。対比が見事でした。
また、場面々々も丁寧に描写。さりげないやり取りもカットせず、それだけに次の展開が気になりますし、緊迫感も味わうことが出来ました。

ただ、全編で丁寧に作り込まれていた分、上映時間はかなり長くなってしまいました。仕方ない話ですが、少しマイナスに感じてしまいました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

5.0噛めば噛むほど味わいが

2022年1月30日
iPhoneアプリから投稿

全般的に空気感が好きなんですが、悪役描写が容赦なく、あー、これもう緊張感なくならないわーってなりました。
ずっと緊張してる感じで150分超えもそんなに長く感じませんでした。
死んじゃう人も、本当に無惨で恐怖を感じる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アリンコ
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る