SKIN 短編

劇場公開日

解説

第91回アカデミー賞で短編実写賞を受賞した短編映画。レイシストの父親に洗脳された少年が引き起こす悲劇を通して、子どもの目線を交えながら人種差別問題を描く。本作を手がけたガイ・ナティーブ監督が長編映画版の出資を募るために自己資金で製作した短編で、翌年には同じテーマの長編映画版「SKIN スキン」が製作されている。日本では長編版「SKIN スキン」が2020年6月に劇場公開され、一部の上映劇場で長編と併映。公式サイトでも期間限定で配信される。

2018年製作/21分/G/アメリカ
原題:Skin
配給:コピアポア・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第91回 アカデミー賞(2019年)

受賞

短編実写映画賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5短編(20分)

琥珀糖さん
2022年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

第91回アカデミー賞短編実写賞受賞した作品です。
ガイ・ナティーブ監督がSKIN長編の出資を募るために、
自己資金で製作した短編映画です。

これなら長編の製作費がすぐ集まる筈です。
とても傑作です。
レイシスト(人種差別主義者)の父親に育てられている少年。
スーパーマーケットで黒人に話しかけられます。
怒った父親はスーパーの駐車場で黒人をボロボロに痛めつけます。
数日後、少年の家に見慣れぬバンが止まっていて、父親は拉致されてしまいます。
そしてしばらくして帰って来た時・・・
悲劇は起こります。
父親はレイシストのプライドをズタズタにされる、ある処置をされました。
そして更に更に恐ろしい悲劇が・・・。

長編とは関連のないストーリーだそうですが、非常に衝撃的です。
もちろんSKINの長編と訴えるテーマは同じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
琥珀糖

4.0目には目を肌には肌を

2022年1月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲惨過ぎて見てられないけど、
目を背けてはならない。そんな短編だった。

白人と黒人の対立が20分に集約されていた。

差別主義者が悪いだろ!だけでは終わらない
負の連鎖、
一つの出会い一つの過ちが、
一人から大勢、大人から子供へと繋がって行き
根深い問題が解決しないまま、そこにある。
と言うのが痛いほど分かりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

4.0短編とは思えない程インパクトある重厚な作品でした。

刺繍屋さん
2022年1月21日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
刺繍屋

5.0肌の色で人生が変わる

あえかさん
2022年1月19日
スマートフォンから投稿

肌の色は違くても
みんな同じ人間なんだ。

当事者じゃないから
「同じ人間なんだ」って
簡単に言えるのかもしれない。

黒人ということで、どれだけ
理不尽なことをされてきたのだろう。

肌の色で差別することが
どれだけ浅はかな行動だったのか。

自分の肌が黒くされたときに気づいても
もう遅い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あえか
すべての映画レビューを見る(全23件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る