衝撃のラスト! ジェイミー・ベル主演「SKIN」の基となったオスカー短編、無料配信中

2020年6月14日 16:00

6月24日の深夜0時まで無料配信
6月24日の深夜0時まで無料配信

[映画.com ニュース] 「リトル・ダンサー」「ロケットマン」のジェイミー・ベルが主演した映画「SKIN スキン」の基となった短編作品が、映画公式HPで無料配信中。今回の配信は、世界各地で広がる“ブラック・ライブズ・マター”運動の高まりを受け、「今こそ本作を見てほしい」という願いから実現したものだ。

6月26日から公開される「SKIN スキン」は、2003年にアメリカで発足したスキンヘッド集団「ヴィンランダーズ」の共同創設者ブライオン・ワイドナーの実話を基に製作された短編を長編化したもの。白人至上主義者に育てられ、スキンヘッドに差別主義者の象徴ともいえる無数のタトゥーを入れたブライオン(ベル)が、シングルマザーのジュリーとの出会いを契機に、自身の悪行の数々を悔い、新たな人生を始めようとする。

白人と黒人の人種問題を、子どもの視点を織り交ぜて描いた作品
白人と黒人の人種問題を、子どもの視点を織り交ぜて描いた作品

短編版は、イスラエル出身のユダヤ人監督ガイ・ナティーブが、長編化の資金を募るために全額自己資金で製作。レイシストの父に洗脳され、殺人マシーンとなった少年が起こした悲劇が映し出されている。ストーリー、キャラクターは、長編「SKIN スキン」とはリンクしていないが、テーマは同様に、現在のアメリカが抱える人種差別問題。白人と黒人の人種問題を、子どもの視点を織り交ぜつつ、強烈な描写、驚がくの展開で描ききり、第91回アカデミー賞の短編実写賞を獲得した。

マスコミ試写では、この短編も併映されており「長編を語るために必見の映画」「圧巻の21分。ラストシーンの衝撃が忘れられない」と絶賛の声が相次いだ。同作は、東京・新宿シネマカリテ、WHITE CINE QUINTO、アップリンク吉祥寺ほか、全国一部の劇場でも、長編との同時上映(回数限定)も予定している。

SKIN 短編」は、6月24日の深夜0時まで、映画公式HP(http://skin-2020.com/)で無料配信中。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース