赤い惑星(ほし)

劇場公開日

  • 予告編を見る
赤い惑星(ほし)

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2019年度京都造形芸術大学映画学科の卒業生である村瀬大智監督が3年生の時に手がけた作品で、未知のウイルスが蔓延した世界を舞台に、墓守をする主人公と、そこに現れた男と女の奇妙な共同生活を描いた。この宇宙のどこかの惑星の、どこかの町。「チャッピー」というウイルスが流行し、人が少なくなっていくこの地で、墓守のヒトシは毎日墓場で死人のために穴を掘り、赤い旗を立てていた。誰にも干渉されず、ヒトシはひとりで毎日を過ごしていたが、そこに「赤いシャツの男」がふらりと現れ、嫌がるヒトシを尻目に家に住み着いてしまう。さらにそこへ「絵を描く女アカリ」も現れ、3人の奇妙な時間が流れる。池袋シネマ・ロサの新人監督特集vol.6「灰色の街特集 俺たちに明日はナイト」(20年5月30日~6月5日)で、唯野浩平監督の「ムチノセカイ」とあわせて劇場公開。

2018年製作/40分/日本

スタッフ・キャスト

監督
村瀬大智
撮影
原田迪治
照明
廣井駿介
録音
池田沙月
美術
原彩花
音楽
梅村和史
助監督
矢部凛
  • 中山慎悟

  • 宮本伊織

  • 杉原亜実

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

他のユーザーは「赤い惑星(ほし)」以外にこんな作品をCheck-inしています。