傍観者あるいは偶然のテロリスト

劇場公開日

傍観者あるいは偶然のテロリスト

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2018年にオープンした「シネマハウス大塚」の設立メンバーで館長の後藤和夫が、自身の経験をもとに製作した長編作品。上映会やイベント開催に利用できる多目的ホール「シネマハウス大塚」の開館に携わった後藤は、それ以前にはテレビ業界でドキュメンタリー番組や報道番組「ザ・スクープ」の演出などに従事し、紛争地帯を取材し、04~11年には「報道ステーション」のプロデューサーも務めてきた。映画館を作ったら次は映画を作りたいと考えた後藤は、パレスチナを舞台に偶然にもテロリストになってしまった男の物語を構想する。そのシナリオのリアリティを検証するため後藤は、ロケハンを兼ねてかつて取材したパレスチナを再訪する。映画は、20年前に後藤が駆け回った紛争地帯の生々しい記憶と、現在のパレスチナ各地を歩く後藤の姿が交錯し、世界の紛争の根源地といわれるパレスチナの現状を通して、世界は傍観者のままでいいのかを問いかけていく。

2020年製作/119分/日本
配給:シネマハウス大塚

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る