映画 文豪ストレイドッグス BEAST

劇場公開日

映画 文豪ストレイドッグス BEAST
26%
34%
18%
11%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

実在の文豪の名を持つ登場人物たちが現代ヨコハマを舞台に繰り広げる異能バトルを描き、小説やアニメ、舞台版も人気のコミック「文豪ストレイドッグス」のシリーズ初となる実写映画。ヨコハマの街を守る武装探偵社に入社した主人公・中島敦と、その宿敵で犯罪組織ポートマフィアの構成員である芥川龍之介が、もしも逆の組織に所属していたら、という設定で描く。貧民街の路地に生きる孤児・芥川龍之介は、妹の銀や仲間たちと明日をも知れぬ日々を送っていた。感情を持たず「心なき狗」と呼ばれる彼の瞳に憎悪が宿った日、運命が動き出す。4年後、川岸で餓死寸前に陥っていたところを拾われた芥川は、武装探偵社で働き始める。そんな彼の前に現れたのは、組織に敵対する者を無慈悲に打ち倒す「ポートマフィアの白い死神」中島敦だった。キャストには芥川役の橋本祥平、敦役の鳥越裕貴をはじめ舞台版のメンバーがそろう。「スーパー戦隊」「仮面ライダー」「ウルトラマン」シリーズなどの坂本浩一が監督を務め、原作コミックや小説版を手がける朝霧カフカが脚本を担当。

2022年製作/117分/G/日本
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5コミックやアニメの実写化する意味が分からん

2022年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

とずっと思っていたのですが、今回の作品は
・朝霧先生の脚本
・中也の出番が原作より多そう
・実写化不可能と思っていたリアル太宰さんがかなり似てる
・双黒の前説
など色々気になることがあり、悩みに悩んだ結果観に行きました。
 正直、最後まで観るに耐えられるのか?とかなり失礼なことを思っていましたが、結論は観に行って良かった!
 舞台版の俳優さんが出演されているということで、1人も知ってる人はいないし、衣装やメイクがほぼ舞台仕様っぽく、映像作品としては最初違和感が凄かったけれど、逆にそれがよかったかな。知らない俳優さんだし、キャラそのままのビジュアルだったので、実際にいたらこんな感じなんだろうなと実写でも割と受け入れられた感があります。
 CGもあの位のほうが丁度いいかも。やたらと精巧な技術取り入れてたら、全体バランスとしてどうかな?全体的に戦隊ヒーローものっぽい感じで楽しめました。
 BEASTは文ストの中でも、悲しく切ない展開なのであまり好きではなかったのですが、映画観たら小説で読んでいた時よりも絶望感がなく、太宰さんの念願が叶って良かったなと思えたかな。
実写化作品がBEASTで良かった。本作とは別世界の話なので、コミックとは違うキャラクターたちとしてお話含め受け止められた気がします。
 俳優さんの演技が舞台っぽかったけど、あの衣装やメイクだったらこれでいいのかな。
キャスティングは太宰さんと織田作が特に似てた。太宰さんは声もそっくりでびっくりした。中也も見た目だけだとちょっと違ったけど、映像になったら中也でした。
 続編あるのかな?続きが気になる終わり方でしたね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
わんちゃん

3.0【スタンド】

ワンコさん
2022年2月3日
iPhoneアプリから投稿

芥川龍之介の目が怖くて......。

本当に怖いよ。

文豪と同姓同名の登場人物と、その作品名を冠した異能の技。

これは、もしや、ジョジョのスタンドと似てはいないか......と考え始めたら、映画どころではなくて、文豪と作品を思い出しては、こりゃ行けるとか、これはダメとか、映画に集中できなくて、本当に収拾がつかなくなってしまった。

ごめんなさい。

ちなみに、恥ずかしいので書かないけれども、海外の文豪まで考えてしまって、すごく強そうなのはロシア文豪の作品じゃないかと思ったりした。

ところで、思いついたなかで、弱そうなのは、夏目漱石の「坊ちゃん」と「吾輩は猫である」の「名無しの猫」だ😁

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ワンコ

3.0仮面ライダー

2022年2月3日
iPhoneアプリから投稿

アクションのカメラワークから仮面ライダーを連想したら監督が仮面ライダーを撮ってる監督だったと後に調べて納得。

とんでもない地雷を覚悟して観に行ったので意外と良い出来。
単純明快なストーリー(太宰が結局何をしたかったのか謎だが)で初見でも理解しやすい。
途中のアクションはそこらへんの大作映画顔負けの出来。

演技はもっと2.5次元よりなのかと思っていたのでそれよりかは普通で観やすかった。

それにしても泉鏡花が女性なのか・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっちゃんイカ

1.5作品を全く知らない人は理解不能な世界

2022年2月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

これは作品を知っているファンでなければ状況不可解作品
全体的にCG満載で地元横浜が舞台と言うことで鑑賞したがそられらしき場面は商店街やみなとみらい地区を歩いてるカットが少し入るだけで大半は室内 出演者も無名の人ばかりで役名も太宰 芥川や女性が与謝野とか対立構造関係もわかり難いし作品内でも解って無い様な物語❗

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ゆたぼー
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「映画 文豪ストレイドッグス BEAST」以外にこんな作品をCheck-inしています。