国葬

劇場公開日

国葬
11%
39%
22%
11%
17%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

国際的に高く評価されるウクライナ出身の鬼才セルゲイ・ロズニツァ監督が、ソ連の独裁者スターリンの国葬を記録した貴重なアーカイブ映像を基に製作したドキュメンタリー。1953年3月5日、スターリンの死がソビエト全土に報じられた。その後リトアニアで、国葬の様子を捉えた大量のフィルムが発見される。200人弱のカメラマンによって撮影されたそのフィルムは幻の未公開映画「偉大なる別れ」のフッテージで、モスクワに安置されたスターリンの姿、周恩来ら各国共産党と東側諸国の指導者の弔問、後の権力闘争の中心となるフルシチョフら政府首脳のスピーチ、そしてヨーロッパからシベリアまで、国父の死を嘆き悲しむ数千万人の群衆の姿が鮮明に記録されていた。人類史上最大級の国葬の記録は、スターリンが生涯をかけて実現した社会主義国家の真の姿を明らかにする。

2019年製作/135分/オランダ・リトアニア合作
原題:State Funeral
配給:サニーフィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)ATOMS & VOID

映画レビュー

5.0人間の表情ほど面白いものはないと痛感させる

2020年11月29日
iPhoneアプリから投稿

怖い

11月14日に公開された本作は、コロナ禍にもかかわらずヒットスタートを切っている。ロシアを代表するドキュメンタリー作家、セルゲイ・ロズニツァによる"群衆"がテーマの3作の中の1本であるこの『国葬』が、なぜ人々を惹きつけるのか?この疑問に筆者自身の感想を以て答えたい。かつてソビエト連邦をその粛清政治によって統治したスターリンの葬儀を、無音のまま、延々の映し出す映画は、最初は少し見るのが辛い。だが、スターリンの遺体に別れを告げるため、モスクワ各地から(時には巨大な花輪を抱えて)集まってくる市民の表情を見ているうちに、人間の顔ほど面白いものはないことに気づくのだ。それも、並の数ではない。彼らはまるで蠢く昆虫にように一定の法則に則って列をなし、やがて、棺に近づくと、一目だけでもスターリンの死顔を見るために首を捻り、女性たちはハンカチで涙を拭う。それら、演出されたものではない民衆の顔、そして顔が、見る者の心をつかんで離さないのである。こんな映像体験は唯一無比。今は消滅した社会主義国家と、一部存続している独裁国家を形成する民衆心理を読み解く手がかりにもなるはずだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
清藤秀人

0.5分からない

2021年2月15日
iPhoneアプリから投稿

映画評論家が、観ておくべきとコメントしていたので、観てみたけど、私の理解を超えていた。分からない。5分に編集すればいいと思う。時間かけすぎ?
評論家の信頼もなくす。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ごうさん

スターリンの葬式会場はこちら

2021年2月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

群衆ドキュメンタリー映画第三弾

スターリンの葬式に参加したような気にれる映画。

前作「粛清裁判」と同じように映像資料をつなぎ合わせ歴史の1ページを紐解いてくれる。
ただ、ひたすらに葬式の進行を追っていくので退屈に感じてしまうかも知れない。
実際、自分は前半で飽きてきた。しかし葬式の参列者とはそうゆうものだろう。

スターリンの事は詳しく知らないものの映画や歴史の授業で大体の人物像はもっていた。この葬儀を見て改めて途轍もない人物なのだなと思った。
英雄と称えられ独裁者と恐れられた男、ソビエト連邦が熱狂した深紅の指導者。群衆の目にはなにが映っていたのだろうか。
本気で悲しんでいる者もいればカメラを気にして悲しみの表情を作る者など様々な思考を想像しつつ、葬儀の様子や党代表の演説を聞き当時の追体験ができたことは貴重だと思う。
卒業式などで校長や来賓の演説を聞いたときのことを久しぶりに思い出した。内容はちがうけれど知らない大人が長々喋ってるシーンはこんな感じだったな~とかしょうもない事や、なんでワンシーン中にカラー映像からでモノクロに切り替わるんだろう?とか余計な事を考えつつ映画は進み、霊廟に遺体を安置して映画終了。最終的には字幕で壮大なオチを告げてるおまけつき。
スターリンの最期を知らなかったので勉強になった。いくら偉大であろうとも、いくら偉業を成し遂げたとしても、血まみれの者にはそれなりの最期が待っているのだなと。
最後に出る字幕は監督が言いたいことだと思うのだが、事実を知らない者からすれば驚きを事実を知っている者からすれば当然の結果を述べているだけなので受け取り方は違うと思うが自分は前者なので素直に驚けたので良かった。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
最後にセルゲイ・ロズニツァ監督の群衆三作見て思ったこと
申し訳ないが誰がやっても同じような作品が作れるのではないかということ。
伝えたいことは映像からひしひしと伝わってくるのだが、いかんせん映像資料のつぎはぎなので特別個性を出せるわけでもなく、これ自分でも作れるのではと思ってしまった。
編集作業が途方もなく大変だったとは思うが、これを自分の作品でございと息巻くのは難しいのではないだろうか。
ピータージャクソンの「彼らは生きていた」も材料ありきの作品だったが題材が独特だったし復元という意味でも素晴らしかったの対して、ロズニツァは歴史的出来事を編集しただけの印象がぬぐえない。
今後は 「アウステルリッツ」の様な独自性(画的に退屈だったけど)のある作品を期待したい。
謎の上から目線になってしまったが歴史の追体験をさせてくれたことには感謝です見てよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フリント

3.0構図や演出の決まったプロパガンダ映像を、より劇映画的に編集することによる皮肉!!

2021年1月9日
PCから投稿

日本では、ことごとく未公開扱いにされていた、ロシアのドキュメンタリー作家セルゲイ・ロズニツァの「群衆」にちなんだドキュメンタリーを劇場公開するという企画が、遅れて名古屋でも公開されたが、流石に3作品を一気に観るのには体力がもたないということで、とりあえず観たのが、現時点では最新作である『国葬』だ。

プロパガンダ的記録映像の中にある、計算しつくされた構図や演出から劇映画的要素をあえて寄せ集め、俯瞰的に、いかに茶番であったかをみせるドキュメンタリーだと解釈して良いのだろうか。

北朝鮮の将軍様を死を悲しむ国民のフェイク映像、国外に向けたプロパガンダを連想させるようだ。

映画的構図と群衆たちの葬儀参列映像を垂れ流しにする中での、ひとりひとりの悲しみの表情が、バックボーンを想像させてしまうという構造は、演出的には見事と言うべきかもしれないクオリティであると同時に、国民なのかエキストラなのかは不明だが、一般人たち?が実に多種多彩な表情をみせている。

セリフがあるわけでもないのに、スターリンの死亡記事の載った新聞を買うために、子どもから老人までもが列をなす様子から、国民の動揺や不安感を演出してみせているのは、下手な劇映画よりも映画的である。

この大量のアーカイブフィルムは、『偉大なる別れ』というプロパガンダ映画の素材であったため、200人以上ものカメラマンが撮った素材がかなり豊富であり、また様々な視点、角度からの映像が存在していて、つなぎ合わせるていることで、モノクロとカラー映像が入り混じりはするのだが、逆にそれがアート的効果となっている、

意図的な構図のプロパガンダかもしれないが、皮肉にも当時の時代背景を切り取った、美しいポートレート的側面も見所である。

普通だったら、「こんなところまで撮影しているのはおかしい」というような、労働者たちの表情の切り取り方は、アートでしかない。

ナレーションが入るような、解説ドキュメンタリーではないため、なかなか忍耐力のいる作品ではあるが、スターリンの葬儀参列を疑似体験できるという、なかなかない様なおもしろい体験ができる。

余談ではあるが、スターリンの死とその周りの権力争いを風刺漫画的に描いた2018年の映画『スターリンの葬送狂騒曲』を思い浮かべて観ると、別の意味でおもしろい部分がたくさいあったりもする。

本来ドキュメンタリーというのは、記録映像のことであり、ただ労働者が工場から出てくるところを撮り続けていることで、一見ホームビデオ的ではありながら、登場の労働者がおかれていた環境を切り取っている、リュミエールの『工場の出口』のようなもののことを示しているだけに、記録映像を編集してプロパガンダであることが、わかりやすく現れている部分をあえて再構築していくことで、一周回ってプロパガンダという特徴を利用し、風刺作品にしてみせているという荒業をやってのけている。

当時のプロパガンダを再構築して、観やすい様に編集しているだけであれば、ベネチア国際映画祭で評価されることはないだろう。

ドキュメンタリーというのは、一定の偏った層の観る映画であって、一般的にあまり定着しないという中で、長年の間、日本では日の目を浴びていなかったドキュメンタリー作家が発掘されていくというのは、嬉しい限りではある。

それは劇映画が公開延期になる中で、すでに海外では公開れていながら、日本では未公開の山のようにあるドキュメンタリーが空きを繋ぐという役割も果たしているのだが、自粛期間中にネットフリックスのドキュメンタリー作品が多く視聴されたということにも影響されているのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バフィー
すべての映画レビューを見る(全10件)