潜水艦クルスクの生存者たち

劇場公開日

潜水艦クルスクの生存者たち
18%
50%
26%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2000年にロシアで起きた原子力潜水艦事故を「アナザーラウンド」でアカデミー国際長編映画賞を受賞したトマス・ビンターベア監督のメガホン、マティアス・スーナールツ、レア・セドゥー、コリン・ファースのキャストで映画化。乗艦員118名を乗せ、軍事演習のため出航した原子力潜水艦クルスク艦内で魚雷が突然暴発した。司令官ミハイルは、爆発が起きた区画の封鎖を指示し、部下と安全な艦尾へ退避を始めるが、艦体は北極海の海底まで沈没。生存者わずか23名という大惨事となってしまう。海中の異変を察知した英国の海軍准将デイビッドは、ロシア政府へ救援の意志を伝えるが、沈没事故の原因は他国船との衝突にあると主張するロシア政府は軍事機密であるクルスクには近寄らせようとしなかった。乗組員の生命よりも国家の威信を優先するロシア政府の態度に、ターニャたち乗組員の家族たちは怒りをあらわに抗議する。

2018年製作/117分/G/ルクセンブルク
原題:Kursk
配給:キノシネマ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2018 EUROPACORP

映画レビュー

3.000年に起こった信じがたい事件の顛末とは

2022年4月10日
PCから投稿

エグゼクティブ・プロデューサーとしてリュック・ベッソンがクレジットされている本作だが、少なくともベッソン節は見当たらず、むしろトマス・ヴィンターベア監督らしい見応えのある硬派なドラマに仕上がっている。ただ、2018年制作なので日本公開とは随分と時差が生まれてしまった。そこで描かれる事件のあらましは極めて信じがたいものだ。原子力潜水艦内の魚雷の管理ひとつとっても無様であるし、艦内が非常事態に陥った後はあらゆる面で”ロシアのメンツ”が先に立ち、乗組員の救出は一向に進展しないどころか、遺された家族たちへの説明も十分にはなされない。これは2000年に起こった実話を基にした映画だが、ロシアが引き起こした事故であることを考えると、やはり現代の状況とどうしても重ね合わせずにいられない点が多く、観ていて怒りがこみ上げる。事態を注視する英国海軍の責任者にコリン・ファース。本作に多角的な視点をもたらしている。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

3.5バレンツ海の底に

MARさん
2022年5月14日
PCから投稿

悲しい

怖い

2000年、北極海にて事故で沈んだロシアの原子力潜水艦、クルスクでの出来事を描いた作品。

かなり観たかったのですが、遠くの劇場でしかやってなかったので鑑賞を諦めかけていた所、この度ヒューマントラスト渋谷さんにて上映開始‼ありがとうございます‼

序盤は家族との一コマや友人の結婚式の描写等、幸せな姿が観せられていく。
対照的に、その後は魚雷の暴発によりクルスクに大惨事が。

まずは、本筋じゃないけど、各所の海でよく行われている軍事演習について。

牽制の意味があるのはわかるけど、劇中に出てきた「探知をされないように・・・」といった言葉が示す通り、技術面での闘いはこの時点で実は行われているんですね。なんだかハッとさせられた。

そして、潜水艦の浸水という、想像するだけでも絶望的な気分になる展開へ。
そんな状況でも、冷静に皆をまとめ鼓舞するミハイルの姿。そしてユーモアを忘れず無理してでも笑いあう船員たち。限りなき生への渇望にはグッと来させられた。

上層部は酷いものですね。助ける技術は無いが、西側に救出を依頼するということは、軍事機密が漏れるということでもある。それが都合が悪いのはわかるけど…船員の命や家族のことを考えると。。

あと、今更ではあるが、いつの時代も「NATOの強硬姿勢が~」とか言ってるんですね。まぁこれもほんの20数年前の出来事だしね。

とにかく、命よりも国の体裁を守るって姿勢は変わらずですね。船員たちはどれほど苦しんだのだろうか。近年にも、インドネシアで潜水艦の哀しい悲劇がありましたが、本当にどんな気持ちだったのかな・・・。

派手な作品では無いけど、もがき苦しむ末端の兵達や、斜め方向に必死なお偉いさん方、そして残された家族の苦悩がよく描かれた作品だった。

強いて言うならば、上層部の会見の場面。本作の目玉シーンとも言えると思うが、プレスのフラッシュが強すぎて集中して観られなかったのがかなり残念だったかも。
そしてエンディングロールがすごーく長かったような。気のせい?

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
MAR

3.0全篇に沈鬱とした空気

旅行者さん
2022年5月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
旅行者

5.0まさに今のロシアの姿を描いた、あまりにタイムリーな衝撃作。

2022年5月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
レプリカント
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る