シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!

劇場公開日

シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!
シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

19世紀末のパリを舞台に、ベル・エポック時代を象徴する戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」の誕生秘話を描いた伝記ドラマ。1897年、パリ。詩人で劇作家のエドモン・ロスタンは、もう2年近くもスランプ状態に陥っていた。そんな彼のもとに、大物俳優コンスタン・コクランの主演舞台を手がけるチャンスが舞い込む。しかし決まっているのは「シラノ・ド・ベルジュラック」というタイトルだけで、執筆は一向に進まない。そんな中、親友レオが愛する女性ジャンヌと、レオになり替わって文通することに。彼女との詩美あふれる手紙のやり取りに刺激され、自身の脚本執筆もついに進み出す。やがて、借金だらけの俳優や気まぐれな女優ら崖っぷちの舞台人たちが劇場ポルト・サン=マルタン座に集い、それぞれの人生を懸けた舞台の稽古が始まるが……。

2018年製作/112分/G/フランス・ベルギー合作
原題:Edmond
配給:キノフィルムズ、東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20

(C)LEGENDE FILMS - EZRA - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA - EZRA - NEXUS FACTORY - UMEDIA, ROSEMONDE FILMS - C2M PRODUCTIONS

映画レビュー

4.0恋文代筆の物語類型が持つ普遍の魅力を重層的に構成した技あり作劇

2020年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

幸せ

岩井俊二監督の「ラストレター」やNetflix映画「ハーフ・オブ・イット」など、ラブレターの代筆や正体をなりすました文通を軸にした恋愛物は、バリエーションを増やしつつ今も作られ続けているが、その源流が19世紀末のパリで誕生した戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」だ。演劇ファンでなくとも、舞台を現代の北米に置き換えた映画「愛しのロクサーヌ」で大筋を知った人も多いはず。

さて本作は、“傑作劇の誕生秘話”という体で、劇作家エドモンが友人の恋文を代筆することに着想を得て、件の戯曲を書き上げ上演にこぎ着けるまでを快調に描く。劇中劇でのシラノとロクサーヌの文通、映画の中でのエドモンと衣装係の文通、2本の恋文代筆のストーリーラインを重層的に構成し、「シラノ」が持つ魅力を新たな切り口で伝えている。

俳優出身のアレクシス・ミシャリクは、16年に作・演出して高評価された舞台劇を、自ら映画化して長編監督デビューを果たした。俯瞰するなら、シラノ、エドモン、アレクシスの3重構造の活躍譚と捉えることもできよう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

3.5鉄板の劇中劇もの

しずるさん
2020年12月3日
Androidアプリから投稿

笑える

楽しい

『シラノ・ド・ベルジュラック』については、"鼻の大きな男の片恋"程度の知識だったが、問題なく楽しめた。

劇中劇もの、架空の世界を完成させていく、というプロットが大好きなので、もうそれだけで、私の評価は加算ぎみになる。
『恋に落ちたシェイクスピア』『世にも憂鬱なハムレットたち』など特にお気に入りなのだが、アイデアを『恋に落ちた…』に得たとの事で、間違いなく好みのパターンなのである。
こういった作品上では、ベタなギャグ、ドタバタ事件、最後の大団円と、お約束の展開も、古典喜劇の様式美として、むしろこうでなくっちゃ!の快感となる。
若干、ドタバタ部分がとっちらかりすぎてテンポが悪い気もしたが…。
色恋と芸術と見栄が至上、ちょいワルやメタボの親父が何故か格好良く見えてくるフランスコメディのノリも健在だ。
馴染みない言語ながら、詩的な芝居台詞の響きも耳に心地いい。
時代もの好きとしては、衣装や髪型、髭やステッキ、劇場や酒場など、ベルエポックの風俗にも目を奪われる。

名作戯曲の魅力、歴史事実に絡めた空想の面白さ、舞台演劇の労苦と喜び。フィクションの楽しさを盛り沢山に表現した作品は、このご時世にあって殊更心踊らされる。
「役者が芝居を止めるのは死ぬ時だ」映画や芝居にとって苦境の時代、どうか乗り越えて再び享受できる日が来る事を願う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しずる

3.0原題のイメージで観たかった

Chiharuさん
2020年12月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

オープニングでタイトルが映し出された瞬間に思った。原題の方がしっくりくるのでは?
そして観ながら再確認、シラノ・ド・ベルジュラック誕生の物語であるのは確かだけど、タイトルは原題のエドモンドが良いな。
なにしろシラノの原作者エドモンドがバタバタと振り回されるのがちょっと面白い訳だから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Chiharu

3.5現実と舞台が重なる虚実の二重化

kthykさん
2020年11月27日
Androidアプリから投稿

面白いと誘われ、虚実の絡まりをたっぷり楽しんだ。世紀末パリ、売れない劇作家ロスタンが大物俳優コクランから三幕もの喜劇の台本を依頼され、戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」が誕生する。まるでゲーム機の中に放り込まれた、シッチャカメッチャカの映画体験。サラ・ベルナールからチェーホフ、フレンチカンカンにラヴェルのボレロ。現実と舞台が重なる虚実の二重化。CG画像によるベルエポック・パリ、中世聖堂の実画像ではラストのクライマックス。なるほど、虚実の二重化、スマホ・ゲームの中から名作が生まれる日も近い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kthyk
すべての映画レビューを見る(全25件)

他のユーザーは「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!」以外にこんな作品をCheck-inしています。