パリ・オペラ座バレエ・シネマ 2020 「ミルピエ/ロビンズ/バランシン」

劇場公開日

パリ・オペラ座バレエ・シネマ 2020 「ミルピエ/ロビンズ/バランシン」

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

パリ・オペラ座バレエ団による公演を収録しスクリーンで上映する「パリ・オペラ座バレエ・シネマ 2020」の1作。同バレエ団の前芸術監督バンジャマン・ミルピエが、アメリカで活躍した偉大な振付家ジョージ・バランシンとジェローム・ロビンズに捧げた企画(2017年3月上演)を収録。ミルピエがパリ・オペラ座のために振付けた新作「クリア、ラウド、ブライト、フォワード」は、気鋭の作曲家ニコ・マーリーに音楽を委嘱した作品で、当時まだスジェだったレオノール・ボラックら若手ダンサーを多く起用。ミハイル・バリシニコフのためにロビンズが振付けた「作品19 ザ・ドリーマー」は、若い男性と空想のパートナーとの白昼夢をイメージした、2人のエトワールによる美しいバリエーション。バランシン振付による「テーマとヴァリエーション」は、ダンサーたちがチャイコフスキーの美しい音楽に乗って高度なテクニックを披露するクラシカルな名作。

2015年製作/110分/フランス
配給:カルチャヴィル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)Paris Opera Ballet

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

「パリ・オペラ座バレエ・シネマ」シリーズ関連作品