劇場公開日 2020年10月30日

  • 予告編を見る

「伝統を否定せず作り変える」パピチャ 未来へのランウェイ 杉本穂高さんの映画レビュー(感想・評価)

3.732
16%
62%
19%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5伝統を否定せず作り変える

2020年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

アルジェリアの90年代の内戦時代の物語だ。女性は自由な服装が許されない、主人公は伝統布のハイクを使ったドレスを作り、ファッションショーを開催しようと奔走する。ハイクを着ている主人公の祖母は、その昔フランスの植民地支配に抵抗するために戦った経験を語る。ハイクの下に銃を隠して男と並んで戦って、独立を勝ち取ったのだと誇らしげに語る。しかし、内戦時代には、テロリストがハイクの下に銃を隠して、ジャーナリストを殺している。主人公は、さらに銃を隠すことのできないドレスに仕立て直すことで、伝統を重んじ、なおかつ自由の大切さを訴える。
祖国がどんなにひどくても愛はある。国を出ようと持ち掛けられても主人公は動かない。国を愛しているからこそ、良い方向に変えるために戦うのだ。本当の愛国者は国の恥部に目を向ける勇気を持った人のことだ。作り手の祖国に対する愛をひしひしと感じる傑作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高
「パピチャ 未来へのランウェイ」のレビューを書く 「パピチャ 未来へのランウェイ」のレビュー一覧へ(全32件)
「パピチャ 未来へのランウェイ」の作品トップへ