グランド・ジャーニー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
グランド・ジャーニー
グランド・ジャーニー
27%
62%
8%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ベル&セバスチャン」「狩人と犬、最後の旅」のニコラ・バニエ監督が、ジャック・ペラン監督のドキュメンタリー映画「WATARIDORI」の制作にも参加した鳥類研究家で気象学者のクリスチャン・ムレクが、息子とともに実際に挑んだ超軽量飛行機でのノルウェーからフランスまでの旅を映画化。雁の研究をしている一風変わった気象学者クリスチャンは、超軽量飛行機を使って絶滅危惧種の渡り鳥に安全な飛行ルートを教えるという、誰もが呆れるプロジェクトに夢中になっていた。一方、息子のトマはオンラインゲームに夢中で、電波も届かない大自然の中で過ごすことに興味はない。しかし、ある出来事をきっかけに父親の無謀なプロジェクトに協力することとなったトマは、クリスチャンや渡り鳥たちとともに冒険の旅をスタートさせる。脚本にもムレク本人が参加している。

2019年製作/113分/G/フランス・ノルウェー合作
原題:Donne-moi des ailes
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2019 SND, tous droits reserves

映画レビュー

4.0北欧から南仏まで移りゆく雄大な景色の素晴らしさに息を呑む

2020年7月31日
PCから投稿

感動のネイチャードラマ、人間と動物の絆・・・そんな売り文句の映画はこれまでも数多くあったが、実話ベースで語られる本作は親子そろって楽しめる実に爽快なアドベンチャーだ。監督が冒険家としての一面を併せ持つだけあって、映像のダイナミックさは天下一品。北欧ラップランドから南仏カマルグまで、その雄大な景色が刻々と移りゆく様を、軽量飛行機ごしに望めるのは何ものにも代えがたい贅沢である。と同時に、本作に触れながら気づくのは、これは鳥だけでなく家族の成長を描いた物語でもあるということ。親が子へ一方的に飛び方を教えていたかと思えば、子どもはいつしか自力で飛び上がり、その躍動感あふれる姿に何かを教わるのはむしろ親の方だ。また、少年が冒険を続けることで、それを目撃する人たちのエールの道がヨーロッパを縦断するように出来上がっていく。そんな人間の“捧げ合い、讃えあう姿”に観ている側も元気と多幸感みなぎる秀作である。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

4.0少年を親だと信じてついて回るヒナたちの愛らしさに萌え死ぬ

2020年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

幸せ

萌える

大ヒットドキュメンタリー「WATARIDORI」を観て、このプロジェクトを知った方も多かろう。北欧・南欧間で渡りをする雁が、環境悪化で従来の渡りのルートが危険になったことから絶滅危惧種に。そこで鳥類研究家のクリスチャンは、刷り込みの習性を利用して雁のヒナに自分を親だと思い込ませ、超軽量飛行機ULMで安全なルートを先導して教えることに挑戦する。

本作はこの実話に着想を得た劇映画で、クリスチャンの息子トマが実質的な主人公。予告編で明かされている範囲で書くと、自然よりゲームが好きな現代っ子の14歳が、孵化に偶然立ち会ったことでヒナたちの“親”になり、出発時の騒動から単身ULMで飛び立つのだ。

ほぼCGなしの映像が売りで、子役を親だと信じて追いかけるヒナたちの愛らしいこと!ULMに導かれて飛ぶ群れも実写だが、さすがに子役の機上シーンは別撮りで、うまく編集して一緒に飛んでいるように見せている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
高森 郁哉

4.0ガンの学校。

2021年2月23日
iPhoneアプリから投稿

絶滅危惧種の渡り鳥のガンを卵から育てて、安全なルートを渡っていけるように、ノルウェーからフランスまでガンと一緒に飛んで先導してルートを教えてあげる話。

すさまじくガンがかわいい。主人公たちを親と信じ、飛行機にも一生懸命についていく。主人公たちもハンターのふりをしてハンターが怖いというようなことを教えたり、もはやガンの学校。

大自然もただただ美しい。ガンと大空を飛んでいく、目下に広がる景色は雄大で、うっとりしてしまう。

少年とガンの美しい旅は必見だ。
魅惑的な映画体験だった。これをIMAXでみられたらどんなに幸せだろうと思ってしまった。

「地球は我々のものではない、子孫からの借り物だ。」
素晴らしい言葉だ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
やべっち

3.5少年と鳥

Kjさん
2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿

組み合わせからして涙腺には劇薬であるが、それに違えぬ出来映え。両者の馴染む時間をしっかりかけて、文字通り飛び立つ。決まった髪型はボサボサに、白い肌は白人とは思えぬ色合いにまで変色する。白い肌でゲームで何が悪いか?という気持ちもあるが、やはりヘルメット被ったあの表情には揺さぶられる。
やはり決定打は渡り鳥と飛行機が一体に飛んでいる姿かな。あの姿を現実に見てしまったら、奇跡感があって誰もが心を奪われてしまう。絵の説得力が高い。
問題はこの親父。どのように弁護しても有罪。憎まれん顔でごまかされる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj
すべての映画レビューを見る(全33件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る