我ら山人たち

劇場公開日

  • 予告編を見る
我ら山人たち
17%
50%
33%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「山の焚火」で知られるスイスの名匠フレディ・M・ムーラー監督が、自身の故郷であるウーリ州の山岳地帯を捉えたドキュメンタリー。変わりゆく山岳地帯で暮らす山人たちの生き方と精神世界に迫った作品で、民俗学的なテーマや共同体の閉鎖性など、後の「山の焚火」に繋がる多くの要素が本作の中に認められる。1974年・ロカルノ国際映画祭で国際批評家賞を受賞した。「山の焚火」「緑の山」とともに「マウンテン・トリロジー(山3部作)」を構成する作品。

1974年製作/108分/スイス
原題:Wir Bergler in den Bergen sind eigentlich nicht schuld, dass wir da sind
配給:gnome

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5大自然に根を張って生きてきた先祖達

2020年3月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

スイスの山岳地帯で暮らす山人達の生活に迫った1974年のドキュメンタリー作品。

何世代とその土地に根を張って生きてきたスイスの山岳地帯で暮らす農民達。しかしここ数十年の急激な文明発展によって、生活様式がそれまでとは大幅に変わり、それまで先祖代々が豊かに暮らしてきた山岳地帯での農業による生活では生きていくのがやっとなぐらい厳しい生活に追い込まれていた。そんな大自然に根を張って生きてきたひとつの時代の終焉間際を収めた貴重なドキュメンタリー作品だった。

大自然の中に根を張って生きてきた先祖達。文明が極限まで発展した近代化した現代で生きる私達。かつての自然と共存してきた生き方の豊かさ、素晴らしさ、そしてその厳しさを感じることができた。時代が変わり行くのは誰にも止められない。そんな郷愁に襲われた。

スイスの山岳地帯に根を張って生きていた農民達のリアルな姿を観ることのできる貴重な記録フィルムでもあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バンデラス
すべての映画レビューを見る(全1件)

他のユーザーは「我ら山人たち」以外にこんな作品をCheck-inしています。