蓮實重彦氏、是枝裕和監督が絶賛 フレディ・M・ムーラー監督が語る「マウンテン・トリロジー」

2020年2月22日 10:00

「山の焚火」の一場面
「山の焚火」の一場面

2月22日から開催されるフレディ・M・ムーラーの特集上映「マウンテン・トリロジー」。ヌーボー・シネマ・スイスの旗手として知られる名匠で、1985年にロカルノ国際映画祭で金豹賞(グランプリ)を獲得し、世界にムーラーの名を轟かせた「山の焚火」デジタルリマスター版と、「我ら山人たち」(74)、「緑の山」(90)の3作品が上映される。

映画評論家の蓮實重彦氏は、ムーラーの映画作家としての資質を「主題を選択しただけでは映画はいささかも始まらず、それが具体的なイメージとしてフィルムの表層に定着されないかぎり、何事も起りはしないだろうという聡明な認識に属している」と語り、是枝裕和監督は、聾唖の息子とともに、ほぼ自給自足の生活を送る4人家族を描く「山の焚火」について「聖書に描かれているような原初の人の営みを、サイレントという映画の原初の形を想起しながら観る。そんな稀有な体験を、この『山の焚火』は恩寵のように私たちに与えてくれる。貧しい家族の営みを目にしながら、私たちがそこに感じるのは祈りにも似た畏怖である。残酷な暴力も、不幸さえも含めて、映画が描く時間のなんと豊かであることか」とコメントを寄せている。このほど、映画.comがムーラー監督が自作を語るインタビューを入手した。

フレディ・M・ムーラー
フレディ・M・ムーラー

--あなたにとって「マウンテン・トリロジー」(『山の焚火』『我ら山人たち』『緑の山』によって構成される山三部作)とは?

「マウンテン・トリロジー」 の舞台となった高い山と深い谷を持つ地域は、スイスの地理的な中心であると同時に、1291年にスイスが建国された場所でもあります。私はこの歴史ある地で子供時代を過ごしました。そしてその経験が、のちに映画監督となった私に大きな影響を与えました。この3本の映画は、私の祖先である農民、才能ある職人、そしてそこに根付いている国際的なホテル経営者たちを間接的に伝えています。写真と映画を勉強するために、17歳のときにビジネスの街チューリッヒに引っ越してきたのですが、そのときチューリッヒの人々は、私が本当にスイスのあの原始的な地方の出身なのかと、何度も何度も嘲笑するかのように質問をしてきました。それから80歳になる今までチューリッヒで働き、生きてきましたが、私にとって最も重要な3本の映画を故郷で撮りました。「マウンテン・トリロジー」は私の映画の真髄です。

--「緑の山」には非常に普遍的で、現代社会において、とても重要なテーマが描かれています。あなたはこの映画を作った時に、現代社会を予見していたのでしょうか?

この映画の中心テーマは、人類の歴史と同じくらい長い、未来への責任です。この責任は、世界中で急速かつグローバルにネットワーク化された技術開発により、最近、非常に普遍的な話題となっています。私が1990年に未来を予見したかどうかという問題は、未来を見通せたかという言葉に置き換える必要があります。1970年から1980年にかけて、スイス政府が国民の過半数の支持を得て、放射性廃棄物を40年後、50年後にどこで、どのように安全に処理できるかという具体的なアイデアを持たずに原子力発電所を五基建設することを決定したとき、今日のジレンマを予見するのは極めて容易いことで、先見の明など持つ必要がありませんでした。

--日本とスイスで似ていると思うのはどんなところでしょうか?

調和を願う気持ち、完璧を愛する心、勤勉なところなどです。

--日本の観客へのメッセージをお願いします。

山の焚火」「我ら山人たち」「緑の山」、これらの山三部作の映画は、文字通り「人間の条件」について表現しています。だからこそ、この3作には、時間を超越した次元が未だ眠っているのだと思います。そして、スイスの都市部や国境をはるかに越えた映画館で上映されたとき、これらの映画は、概してセンセーションとして、またその上映される場所の社会が持つ現在と過去へのエキサイティングな発見の旅として、観客の皆さんに体験されることになります。

私の映画監督としてのキャリアは日本映画に大きく影響されたので、この映画をご覧になった日本の観客の皆さんが、私の日本との映画文化的なつながりを感じ、評価してくれることを願っています。

フレディ・M・ムーラー特集「マウンテン・トリロジー」は、2月22日からユーロスペースほか全国順次公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース