春江水暖 しゅんこうすいだん

劇場公開日

  • 予告編を見る
春江水暖 しゅんこうすいだん
29%
51%
15%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大河・富春江が流れる街・富陽の美しい自然を背景に、変わりゆく中国社会の中で懸命に生きる大家族の四季を描いた人間ドラマ。中国のグー・シャオガン監督の長編デビュー作で、2019年・第72回カンヌ国際映画祭批評家週間のクロージング作品に選ばれた。再開発のただ中にある杭州市の富陽地区。顧家の家長である年老いた母の誕生日を祝うため、4人の息子や親戚たちが集まる。しかし祝宴の最中に母が脳卒中で倒れ、命は取り留めたものの認知症が進み、介護が必要になってしまう。飲食店を営む長男、漁師の次男、ダウン症の息子を男手ひとつで育てる三男、気ままな独身生活を楽しむ四男ら、息子たちは思いがけず、それぞれの人生に直面することになる。日本でも2019年・第20回東京フィルメックスのコンペティション部門で審査員特別賞を受賞。

2019年製作/150分/G/中国
原題:春江水暖 Dwelling in the Fuchun Mountains
配給:ムヴィオラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0この長回しの映像美には圧倒される

2021年1月31日
PCから投稿

江南の都市、富陽に富春江という大河が流れている。大規模な再開発によって日々姿かたちを変えるこの地で、四季折々の自然の息吹を胸いっぱいに吸い込みながら生きる一族の物語。2時間半という長尺ながら、本編が始まればその長さにも納得がいく。何しろ本作はワンシーン、ワンシーンが超長回しで撮られ、そのいずれにも驚異的な映像美とカメラワークが内包されているのだ。とりわけ大河や山々が映り込むショットは圧巻のひとこと。古より景勝地として愛されてきた土地だけに、10分を超えても途切れることのない映像に身を委ねながら、いつしか自分が山水画の繊細な筆遣いを地道に目でたどっているかのような思いすら込み上げてくる。この悠久の時間の中で、時に人間はとてもちっぽけな存在にも見える。だがそれでもなお、様々な困難と直面しながら歯を食いしばって生きる姿がとても切なく、愛おしい。まだ30代序盤というシャオガン監督の今後が楽しみだ。

コメントする
共感した! (共感した人 8 件)
牛津厚信

4.0【"帰魂" 変わる街と大家族の変わらぬ絆を富春江は何時でも、優しく見守っている・・。】

NOBUさん
2021年8月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

- 中国の浙江省を流れる大河、富春江。四人兄弟は江の街、富陽で暮らしている。この物語は再開発が進む街に暮らす四人兄弟とその家族を描く壮大な人間ドラマである。-

◆感想
・富春江から撮される人々の姿を長回しで撮る手法。
- ジャン先生が、グー家の長男の娘グーシーに父親に会わせる決意を固める為に江を延々と泳ぐシーン等・・。-

・中華飯店を営む長男、漁師の船で暮らす次男、ダウン症の息子を男手一つで育てる博打打ちの三男、独り身の四男。
- 各々のキャラクターが、しっかり屹立し、老いた母親の面倒見問題、娘、息子の自由恋愛に対する世代間の考え方の違い等が、四季の移ろいと共に、描かれている。-

<第二作は夏がメインで、描かれるのだろうか・・。三年近い年月を掛けて、近代化の進む中国で、衝突や和解を繰返しながらも、逞しく生きる大家族の絆を富春江の揺蕩う流れと共に、四季の山水の風景を背景に描き出した作品。見応えが有ります。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

4.5デビュー作とは思えない完成度と満足度

SGさん
2021年7月29日
iPhoneアプリから投稿

まず驚くのは、この稀に見る傑作が、名画座やミニシアターが無く近年乱立するシネコンでハリウッドの大作や厳しい検閲を受けた国内の新作しか観られない中国の映画事情のなかで生まれ育ち、ネットの海賊版で日本や韓国の映画やアニメから影響を受けた若き天才監督のデビュー作だということ。

浙江省杭州市富陽に生きる市井の大家族のリアルな生活とそこに起こる変化、山水画のような美しく質素な四季の風景がスクリーンいっぱいに満ちていて、2時間半という時間を忘れてこの世界にどっぷり浸りきった。
コロナの影響で簡単には行けなくなった中国の現地に居るかのような心地好い臨場感。
静かに穏やかに、しかし着実に変わりゆく街と人々の人生。主だった出演者の多くが、監督の親戚縁者で構成されていることも余計な演出や演技を排除していて実に効果的。

エドワード・ヤンの「牯嶺街少年殺人事件」を観た時の満足感に近い。
いやー凄いわ、これは。まいった!
この監督の次回作が今から楽しみだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
SG

5.0とても素晴らしい作品です 150分の間ずっと刮目させられました 僕...

たなさん
2021年7月15日
Androidアプリから投稿

とても素晴らしい作品です
150分の間ずっと刮目させられました
僕はこの作品が好きです

演出とそこに元から存在するものの境目がわからなくて、川の流れをずっと見るように自然な作品でした

ロングショットの、エキストラなのか映り込んだ人なのかはわかりませんが、僕にはフラッシュモブのように交錯して、押し付けがましくないお洒落なエンターテインメントでしかありませんでした

考えれば考えるほどあれは計算されている

この作品は孤独を映しませんでした
家族愛、郷土愛、映画愛
良い作品に通念する
愛という大きな存在がある

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たな
すべての映画レビューを見る(全34件)

他のユーザーは「春江水暖 しゅんこうすいだん」以外にこんな作品をCheck-inしています。