淪落の人

劇場公開日:

淪落の人

解説

半身不随となり人生に絶望した中年男性と、家族のために夢を諦めた出稼ぎ家政婦の交流を描いたヒューマンドラマ。事故で半身不随となったリョン・チョンウィンは、人生に何の希望も抱けないまま日々を過ごしていた。妻とは離婚、妹との関係もうまくいかず、楽しみは唯一の友人である元同僚ファイとの会話と、海外の大学に通う息子の成長だけ。そんなある日、若いフィリピン人女性エブリンが住み込み家政婦としてやって来る。広東語が話せない彼女にいら立ちを募らせるチョンウィンだったが、片言の英語で会話をするうちに、互いに情が芽生えていく。やがて、エブリンが生活のために写真家の道を諦めたことを知ったチョンウィンは、彼女の夢を叶える手助けをしようと考えるが……。「インファナル・アフェア」のアンソニー・ウォンが主演を務め、第38回香港電影金像奨最優秀主演男優賞など数々の賞に輝いた。2019年・第14回大阪アジアン映画祭に「みじめな人」のタイトルで出品され、観客賞を受賞。

2018年製作/112分/G/香港
原題:淪落人Still Human
配給:武蔵野エンタテインメント
劇場公開日:2020年2月1日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

NO CEILING FILM PRODUCTION LIMITED (C) 2018

映画レビュー

4.5現代香港のリアル

2020年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

香港の名優、アンソニー・ウォンは雨傘運動支持を表明したため、俳優活動から締め出されていた。そんな彼が、新人監督の低予算映画で、車椅子の枯れた中年男性を演じている。『インファナル・アフェア』の時のような色気は見事に封印し、落ちぶれた男になりきっている。
香港ではフィリピンやインドネシアから出稼ぎでやってきた家政婦を雇うのが一般的で、住み込みで働く彼女たちが休みの日曜日にはダンボールを敷いて広場に集まっている光景は、香港では日常的だそうだ。本作は、そんな香港の今のリアルを写し取っている。
フィリピンからやって来た家政婦に写真家になる夢があると知ると、男は全力で支援しようとする。不器用な2人の心の交流が暖かく描かれている。民主化デモに揺れる香港は、殺伐としたイメージを持たれてしまうが、そういう香港からこのような優しさに溢れた作品が出てきたのは嬉しい限りだ。香港映画の火を絶やさないように頑張ってほしい。

コメントする 1件)
共感した! 10件)
杉本穂高

5.0泣ける。凄くいい話し。

2024年3月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

幸せ

フィリピン人の差別の中、健気な彼女が尽くした先は、中国人の気の難しい雇い主の心まで変えた。
暖かくて優しい素晴らしい映画でした。
凄く心が洗えました。

いつか彼女と旦那様の再会シーンが観たいですね。
色んな人にみて欲しい。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
ノブ様

4.5ンゴイ!ヘイルンケイラッ。チーラーシン♥

2024年1月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
マサシ

4.5なんだこの胸の奥底から湧き上がる得体のしれない感情は・・・

2024年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

幸せ

号泣できる映画ではない、また苦労の末のカタルシスとも少し違う・・・人の本質に1点の翳りもないこの人間の持つ優しさを信じ通そうとするふざけたまでの力技は、こんな事はある訳ないと心の中で否定しながら見てる人すべてに、世界のすべての人が優しかったらどうなるかと言う強すぎる信念のシャワーを浴びせるこの映画、この中にそんなちっぽけな疑念を引きずり倒しながら前に進むこの作品の純粋さの前には何故かグダグダになっていく自分を発見するのは、僕だけでは無い様な気がする・・・。

テーマとしては色々社会問題の提起も織り込まれてはいるものの、それよりも何よりもこの映画に貫く信念は、全ての人が優しかったら世界のすべての問題は解決するのだと子供のように高らかに謳い上げてるこの一点に尽きるのだと思う・・・。人を信じる事に疲れ始めている方が居ましたら是非この作品、お薦めです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mark108hello
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る