8番目の男

劇場公開日

  • 予告編を見る
8番目の男
8番目の男
25%
59%
13%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

韓国の男性アイドルグループ「ZE:A」のメンバーで「SUITS スーツ 運命の選択」などのドラマでも活躍するパク・ヒョンシクの長編映画デビュー作。2008年に韓国で導入された国民参与裁判で実際に事件をベースに、陪審員に選ばれた8人の一般市民たちを描いた法廷ドラマ。韓国の歴史上初めて国民が参加する裁判が開かれる日がやってきた。全国民注目の中、年齢も職業も異なる8人の一般市民が陪審員団として選定された。彼らが扱うこととなったのは、すでに証拠、証言、自白が揃った明白な殺害事件だった。8人の役目は刑を量定するだけのはずが、被告人がいきなり嫌疑を否認したため、陪審員たちは急きょ有罪無罪の決断を迫られることになってしまう。粘り強く問題提起を続ける陪審員8号役をヒョンシクが演じるほか、「ペパーミント・キャンディー」「オアシス」のムン・ソリが裁判官キム・ジュンギョム役を演じる。

2019年製作/114分/韓国
原題:Juror 8
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.4 《異界へ誘う、呪縛トンネル / 生霊が嘆く墓》
  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.5 《狂気!殺人ドライブイン / 怨念の巣窟!死者たちの集い》
  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.6 《巨大 怨霊ホテル / 御霊が眠る、迷宮洞窟》
  • おまえら行くな。怪異を呼ぶ男!松原タニシ祭り ~恐怖完全版~
  • 北野誠のぼくらは心霊探偵団 事故物件を鑑定せよ!
  • 北野誠のぼくらは心霊探偵団 怪異ミッション『ミステリースポットを体験せよ!』
  • ビーチ・シャーク
  • ゾンビシャーク 感染鮫
  • パニック・マーケット
  • シャークネード
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2019 CJ CGV Co., Ltd., banzakbanzak Film, All Rights Reserved

映画レビュー

3.5自戒を込めて

ミカさん
2020年8月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

悲惨な事件がマスコミによってセンセーショナルに報道されているのを見る度に、いつも複雑な気持ちになります。そもそも、報道は本当なの?容疑者の判決が出る前なのに、報道で感情を煽られて良いの?

社会が感情に左右されると健全ではなくなるということは、長い人類の歴史の中で発明された叡智なのですよね。今作でも、裁く側の責任を考えさせられました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

4.5法は誰のためにあるか?韓国版「12人の怒れる男」とも呼べる名作。

といぼさん
2020年8月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

映画の内容に関する事前知識はほとんどなく、レンタルDVDのパッケージに書いてあった説明を読んで「面白そうだなー」とジャケ借りした作品です。陪審員を主人公にした作品ということで、私の大好きな「12人の怒れる男」を想起しつつ鑑賞いたしました。

結論。めちゃくちゃ面白かった。個性豊かな陪審員の8人だけではなく、韓国初の国民参与裁判に挑む裁判官や官僚、そして容疑者の男やその娘など、多くの人々の思惑や考えが絡み合い、裁判は思わぬ方向へ転がります。ラストシーンで現れるテロップも衝撃的で、思わずハッとさせられる映画でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年に韓国で初めて実施された国民参与裁判(陪審員裁判)をモチーフにした作品。韓国初となる国民参与裁判はメディアの注目を集め、母親殺しの罪で起訴された男の裁判でいよいよ実施されることになった。目撃証言・動機・自白が揃っている量刑を決めるだけの簡単な裁判だったはずなのだが、裁判中に被疑者が突然嫌疑を否認し始めたために有罪無罪を決めるという難しい内容に変わってしまった。注目を集める裁判である故に中止にすることもできず、8人の陪審員たちは情報を洗い出しながら、事件の真相に迫っていくことになる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主人公である陪審員8番の男は非常に優柔不断で、陪審員控え室で最初に行われた有罪無罪の投票で有罪無罪を決めることができず、有罪7票無投票1票という状況に。事件の資料を漁ってみると、ところどころ当初予想されていた事件概要と矛盾する箇所がいくつか見つかってきて、最初は有罪派だった人々も、段々と事件に疑問を持ち始めるようになる。

概要だけ聞くと、それこそ「12人の怒れる男」です。「怒れる男」でも、最初の投票で唯一無罪に投票したのはヘンリー・フォンダ演じる陪審員8番の男でした。ところどころ「怒れる男」のオマージュのような部分が見受けられたので、この作品の監督も意識していたのだと思います。

しかしながらストーリーに関しては、「怒れる男」とは全くの別物。今作は8人の陪審員以外にも厳格な女性裁判官とか、世間体を気にする裁判所のお偉いさんとか、そして事件の容疑者の男とか。様々な人々の思惑や価値観が交差するストーリーになっており、その辺は12人の陪審員だけで成り立っている「怒れる男」とは大きく異なります。

最初は有罪だと信じていた陪審員たちが8番の主張を受けて事件の資料を再度吟味し、段々と考え方が変わっていく描写は本当に素晴らしかった。何をきっかけにして有罪から無罪に主張が変わるのか、そこに陪審員8人の個性が出ていて、非常に見応えがあります。

脚本のプロットも見事で、冒頭に登場した台詞が後半の重要なシーンで使われたり、何気なく登場していた証拠品が事件解決の糸口になったりして、一時も目が離せないストーリー展開でした。

ほどよいギャグシーンも差し込まれてて、どうしても難しくなりがちな裁判モノですがギャグシーンで緊張が緩和されるため、あまり肩肘張らずに観ることができるのも良いですね。

そして、ネタバレになるので詳細は伏せますが、最後に流れるテロップ。裁判も終了し、「良かった良かった」と観客が胸を撫で下ろしている時に、不意打ちの如く現れるテロップ。あれを観て、「本当に良かったんだろうか…?」と思ってしまう人は私だけじゃなかったはずです。

実に面白い作品でした。
国民参与裁判の良い点と悪い点。「法」とは何か・誰のためにあるのか。真実はどこにあるのか。
笑って感動して、そして考えさせられる素晴らしい映画です。オススメです!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
といぼ

5.0ある意味、斬新。

fukui42さん
2020年7月13日
iPhoneアプリから投稿

一言「面白かった!」。

◎よかった点◎
・裁判員ものといえば、数多くの名作もあるし。たいてい外さない。
閉ざされた密室での議論云々、まよくある話かなと思いきや。
途中から「ええ!」な、斜め上を行く展開に釘付け。

・最初は「よくわからないから」と「有罪か無罪か」を登場しない裁判員8番。
正直「はっきりせーよ」と思ったけど、8番の小さな疑問が他の裁判員にも派生して。
「これは、はっきりさせないと」と裁判員が動き出すところが。
驚きでもあり、でも納得でもある。

・裁判員それぞれのエピソードも挟みつつ、判事の心の動きも描いている。
また裁判の話と並行して、事件の真相を挟んでいくのもナイス。
判事(裁判長)にもスポットを当てるって、あまり見ないような。
この女優さんが、個人的にツボ。クールさがかっこいい。

△イマイチな点△
・フィクションだから仕方ないのですが。
裁判員は審議室で電話をかけていたり、報道フラッシュを浴びるのは。
お国柄なのかしら?。

たまにコミカルな点があるのに、最後涙が出たのに自分で驚きました。
機会があったらおすすめ。

⭐️今日のマーカーワード⭐️
「疑わしきは被告人の利益に」。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
fukui42

3.5韓国の陪審員制では、陪審員の評決は参考意見に過ぎず、裁判官はそれに...

省二さん
2020年7月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

韓国の陪審員制では、陪審員の評決は参考意見に過ぎず、裁判官はそれに拘束されることなく独自の判決を下すことができるらしい。
驚いたな。
いったい何のために陪審員を選抜して討議させるんだ。
本作品の場合、陪審員があれほど熱心でなければ冤罪が生まれていた可能性が高い。
まあ、無罪判決が出た時は泣いたが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
省二
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る