劇場公開日 2020年2月7日

ザ・ピーナッツバター・ファルコンのレビュー・感想・評価

3.943
27%
64%
9%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全43件中、1~20件目を表示

3.5忘れかけた何かを思い出させてくれそうなキラキラした作品です。

2020年2月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
マツマル

5.0これも良かった😊

キチさん
2020年2月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

今宵はイオンシネマのハッピーマンデー使ってこの作品!
古くは「チョコレートドーナツ」や「くちづけ」などダウン症や精神遅滞などが題材の映画のエンディングが切なくて切なくて涙なくしては観れないし、観終わったあともモヤモヤするんだけど、この作品は個人的にはエンディングまで良かったなぁ〜
しかし今年は観る映画全部いいなぁ〜豊作揃いだ😊

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
キチ

3.0ストーリーより役者だね。

khapphomさん
2020年2月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ストーリーはかなりご都合主義。水とか食料とか、エレノアの車はどうなったとか、何で草プロレスの場に友達がいるの、とか、細かいところの説明は一切ない。ただ、ザックを含めた役者がいいのでそれでいいんだろうね。どうでもいいが、エレノアの胸元がちらちら気になった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
khapphom

3.5魂再生のファンタジー

しずるさん
2020年2月16日
Androidアプリから投稿

楽しい

幸せ

優しい夢を見ているような映画だと思った。展開が唐突だったり、ご都合主義に思えたり、整合性が合わない気がしたり、何も具体的な解決の見えないふんわりした結末だったりも、夢を見てるのかもしれないなぁと思えば、納得できるというか。
背丈を越える草むら、滔々と流れる広い川、闇に火の粉を散らす炎。夏休みの冒険のような心弾む道程、時が減速したかのような心象的映像が、その感覚を強くする。

家族と思える人々との出会い。旅人を導く、盲目の宗教家や、かつてヒーローだった老プロレスラー。流れに身を任せ大河を下り行く行程。ペイントや装束で隼を模す自己奮起の儀式。どこかネイティブアメリカンの神話を連想させるような要素。
心に穴を抱えた者達が、互いに寄り添い、補い、楽園を目指す物語は、傷付いた魂の、癒しと再生の旅路と言えるだろう。
リアリティを求めず、ファンタジーとして感覚的に捉える方が、腑に落ちる映画かもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
しずる

3.0良い映画

stoneageさん
2020年2月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
stoneage

4.02時間だけでも旅をしよう

ミカさん
2020年2月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

幸せ

損得勘定抜きで付き合える人が居ると、心から楽しいんだ。損得勘定抜きで愛するものや好きな事があると、生きていて良かったと思えるんだ。

この人と付き合うと徳をする。こんなもの就職や自分の将来に何の役にも立たない。こんな事やったって時間の無駄だ。こんなことやったって、こんな人と会ったって、こんなもの、、、

「損得」という悪魔の囁きに心が支配されているなら、ザック達と一緒に2時間だけでも旅をしよう。多分、もっと旅がしたくなって、もっと人と出会いたくなって、もっと何かを愛したくなって、トムソーヤの冒険を読みたくなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ミカ

4.0“ルールNo1、パーリー!”  予告も観たことなかったけど、...

2020年2月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

“ルールNo1、パーリー!”

予告も観たことなかったけど、
日本版ポスターの印象がよく、
シャイア・ラブーフ主演だし
観るリストに入れていた作品。
今週の火曜日に観てきました。

あぁ、、これは観て良かった。。
なんかね、ほんと気持ちがやわらいだ。
観ているときも楽しかったし
観た後もあったかい気持ちになったし

決して派手なお話しじゃないけど
登場人物のみなさん、いい味出してるんです。だからちょっとベタだなぁと思わせるような展開も素直に楽しめる

ダウン症の少年ザック、
ちょっと心に傷を負ったはみだし男タイラー、ザックを追うエレノア

三人のバディ感に加えて
ジョン・ホークスやら
ローラ・ダーンのお父さんが
脇を固めてるし
にぃちゃん出て来て心で叫んだし
ジョンバサーー!
キャスティング素晴らしや

舞台もよかったなぁ
アメリカ南部の田舎の畑とか大きな川とか。
ゆっくりとした時の流れが心地よくて。
あれミシシッピーかなぁ?
あのシーンはちょっとドキドキしたけど

あと三人のバディ感が本当に素敵だったからアレだけはやらないでくださいよーと観ながら感じていたことがあったんです。
やりやがった!!
でも、直後にそれをやったのは
別の意味があった行動だとわかって
監督さんわかってらっしゃるなぁって、、

そしてね、作品の題名の意味が
わかったときは
ほんとおーー👏👏ってなりましたわ。
あのシーン大好きっす
もしこの作品をご覧になるなら
予告を観ないほうがいいかも。
楽しみは多いに越したことは
ないですからね♪

お騒がせ俳優の一人の
シャイアラブーフだけど、本作の撮影期間中にもやらかして公開が延期していたそう。
主演のザック君に窘められ改心したらしくオスカーのプレゼンターに二人が出ていたのをみてほんと良かったなぁと。
シャイアの自伝的映画
「ハニー・ボーイ」
今年公開が決定したし
シャイア役を演じるのが
ノア・ジュプ君とルーカス・ヘッジズ!
今から楽しみにしているからシャイアもう悪さするな、よ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ワイルドとみまる

4.5「思い」、「出合い」、「努力」、「結束」・・・「さらなる前進」

2020年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

大切で重要なことを気づかせてもらえる作品であると思いました。たとえば、トッププロスポーツ経験者は、光り輝くトップスター選手の育成のためにいつまでも傾注することだけではなくて、徐々に下位層に歩み近づいてゆくスタイルを実践できたらとても素敵だなあと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
赤羽のプリンスおやじ(1960年生まれ)

4.0イノセンス

2020年2月13日
iPhoneアプリから投稿

サックの無垢な心に涙
「僕の誕生日の願い事は全部君にあげるよ」
人によっては退屈な作品かも知れませんが
良い意味で、オーソドックスなアメリカ
ロードムービーです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kenjii0809

4.0性善説を信じたくなる

shioshioさん
2020年2月13日
Androidアプリから投稿

いやー、実に和む。温もりがあって優しい。
「友達ってのは自分で選べる家族だ」とか、くさいセリフも出てきますが、相田みつをみたいに教訓的では無く、ハックルベリー・フィンの冒険みたいな古典的アメリカンシネマの良い所がいっぱい詰まった作品でした。
監督は「スタンドバイミー」から影響を受けたと語っていますが、なるほど、何となく少しだけ納得。
この映画にケチをつける人は相当のへそ曲がりです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
shioshio

4.0おねーちゃん

2020年2月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

エレノア役の女優がやたら足を出してるのでそっちばかり目がいってしまい、このおねーちゃんなんかエロいなと思ってたら、メラニー・グリフィスの娘とわかり妙に納得

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
うんこたれぞう

4.0舟旅してみたくなるね

まん坊さん
2020年2月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

友達は自分で選べる家族
僕の事も知って欲しい
お前はパーティに呼ばないetc..
この作品には心に残る台詞が沢山あった。
ザックの言葉には嘘が無いからなんの気なしで言った言葉がいちいち心に残ってしまう笑
良く見せすぎてるという意見もあるかもしれないが、それでも笑いあり涙ありのとても良い作品を観れて幸せだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
まん坊

3.5☆☆☆☆ 「僕は善玉?それとも悪玉?」 まさか!まさかのプロレス礼...

2020年2月12日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆☆

「僕は善玉?それとも悪玉?」

まさか!まさかのプロレス礼賛映画が地上へと降臨した。

あの、あの、あの〜!ジェイク〝ザ ・スネーク〟ロパーツが出て来るんですよ〜
♪───O(≧∇≦)O────♪

彼の試合は。日米レスリングサミットの東京ドームで、生で見たんですよね〜٩( ᐛ )و
間違いなくプロレスの歴史上では最高のD D Tの使い手なんですよ〜!

…は?ついつい興奮してしまった。移管…じゃなくて、いかん!いかん!レビュー、レビュー!っと。

映画は2人の逃亡者が登場します。
ザックははダウン症の為に保護観察が必要。
一方のタイラーは、過去に起こした自分の過ちから。心の中に一生をかけても償い切れない程の、後悔の想いを持ち。それによって、村八分に近い扱いを受けている。
そんな2人が過去に別れを告げて、新たな人生を歩もうとする。そこで目指すのが、先ずはザックが憧れていたレジェンドレスラーの経営するプロレス学校への入学なんですよね〜(´ω`)

ザック役の男の子は、障害者を支援する活動を行なっていて、本作品が俳優デビューとの事ですが。見るからに本当の障害者に見えるのだから凄い!
一方のタイラー役には、シャイヤ君…って。もう君付けで呼んでは失礼にあたるくらいに、俳優としての成長が著しい。
更に、更に。ダコタ・ファニングは相変わらず可愛いしね〜(#^.^#)
でも、幾ら車の鍵が…とは言っても。急に心変わりをしてしまうのには、彼女の立場からして今ひとつ納得しかねましたけどねΣ(-᷅_-᷄ ๑)

まあ、可愛いから許す( ˘ω˘ )

そして、そして、ブルース・ダーンですよ〜!
マジでこのジジイ最高〜!
とにかく、その息の長い活躍には素直に脱帽です。
元レジェンドプロレスラーとゆう役柄自体を考えると、肉体的には程遠いと言わざるを得ないのですが。プロレスラーとして、1番大事なところ…それは何と言っても登場シーンなんですよ〜!
映画の中で、再登場するその場面!

「いよ〜つ!カッコイイぞ、このクソジジイ〜!」

兎にも角にも、まさかまさかのプロレス愛が溢れた映画の登場で。何も知らずに観ていたこちらのテンションは上がりに上がってしまいました〜(´ω`)

2020年2月11日 イオンシネマ板橋/スクリーン10

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
松井の天井直撃ホームラン

4.0すごく優しい映画。

2020年2月11日
iPhoneアプリから投稿

すごく優しい映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
コーヒー

4.5大人のためのお伽話

Kさん
2020年2月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
K

5.0ただただ優しい映画。

みけさん
2020年2月11日
Androidアプリから投稿

こんな優しさを持つ人になりたい。

小学校のときにダウン症の女の子がいた。
オレは全く理解できてなかったし、周りも啓蒙することはなかった。

そう、学校なのに全く学ばせなかった!

彼女は才能が発揮できたかな?

子供のとき、これや、チョコレートドーナツとか見てれば…

優しさと、飛び出す勇気。

オレも毎日が冒険だ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
みけ

4.0やっと家族になれたね。

2020年2月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
大阪ぶたまん

4.0久々のじわり作品☺️

2020年2月11日
iPhoneアプリから投稿

個人的には好きな作品でした。

ゆっくりじわりと進むストーリー

一転してテンポ良く展開していく後半

男同士の友情

ハンディキャップに対する公平な見方

ほんのり恋の進展も

バランスは絶妙だった

惜しむらくはラストの余韻感

後日談はあと2分くらいかけて
描いて欲しかった☺️

でも、よい作品

ハリウッド系見飽きたよというかた

わざとらしい泣かせる作品より
じんわり感動する作品観たいよというかた

是非お近くの映画館へどうぞー☺️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
映画大好き

4.0心が和むロードムービー

隣組さん
2020年2月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

179席シアターを独占鑑賞。運に見放された漁師と施設を抜け出した青年が織りなす冒険が実に面白くて興味深い。二人の凸凹コンビが実に愉快で応援したくなり心が和んでくるロードムービー。友達ってのは自分で選べる家族だ。
2020-24

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
隣組

3.0うーーん・・・イマイチ心入らず。

Marikoさん
2020年2月10日
iPhoneアプリから投稿

期待し過ぎたのか?
少し退屈でした。ストーリーに無理な展開が多いと思うし。
そして申し訳ないけど、主演の2人がミスキャストな気が・・・演技力という点で。
ハンディキャップというのが柱なだけに、厳し目です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Mariko
「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」の作品トップへ