映画大好きポンポさん

劇場公開日

54%
32%
6%
3%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

杉谷庄吾【人間プラモ】の同名コミックを劇場アニメ化。大物映画プロデューサーの孫で自身もその才能を受け継いだポンポさんのもとで、製作アシスタントを務める映画通の青年ジーン。映画を撮ることに憧れながらも自分には無理だと諦めかけていたが、ポンポさんに15秒CMの制作を任され、映画づくりの楽しさを知る。ある日、ジーンはポンポさんから新作映画「MEISTER」の脚本を渡される。伝説の俳優マーティンの復帰作でもあるその映画に監督として指名されたのは、なんとジーンだった。ポンポさんの目にとまった新人女優ナタリーをヒロインに迎え、波乱万丈の撮影がスタートするが……。「渇き。」の清水尋也が主人公ジーン役で声優に初挑戦。新人女優ナタリーを「犬鳴村」の大谷凜香、ポンポさんをテレビアニメ「スター☆トゥインクルプリキュア」の声優・小原好美がそれぞれ演じる。監督・脚本は「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」「劇場版『空の境界』第五章 矛盾螺旋」の平尾隆之。

2021年製作/90分/G/日本
配給:角川ANIMATION

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/ 映画大好きポンポさん製作委員会

映画レビュー

4.5細かいネタやディテールが詰め込まれた90分、何度見てもするっと楽しく見られる

2021年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

平尾隆之監督に取材するため試写で2回、公開後に映画館で2回見ていますが、毎回するっと楽しく見られるのが良いなと思っています。本編90分というコンパクトな尺に、アニメならではの表現や映像編集の奥深さ、原作漫画をふくらませた物作りのヒリヒリするドラマが詰め込まれていて、繰り返し見ると細かいところに色々とネタが仕込まれていることにも気づくことができます。例えば、序盤でジーンが「いい絵だ」と言う、水たまりで跳ねるナタリーの横には、さり気なく後半登場するある人物も歩いています。劇中ポスターも1枚1枚デザインされていて、「ニャリウッド」の世界を構築するディテールの凝り具合が楽しめます。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
五所光太郎(アニメハック編集部)

4.5編集は本当に面白い

2021年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

映像の編集ってやってみると本当にすごい面白いものだが、映画のメイキング映像でも、映画制作の舞台裏を描いた内幕ものでも中心に取り上げられることがすくない。スタジオで延々と作業するものなので、画的に地味だからしょうがないんだろうけど、本当はめちゃくちゃ面白くて、映像制作の醍醐味なのだが、この編集の面白さを存分に伝えてくれる作品がついに出てきた。物語の前半こそ撮影現場のエピソードがあるが、映画の後半は編集と金策の話になっていく。同じシーンでも編集次第で全く別の印象のシーンとなることが、わかりやすく提示されるが、それ以上に本作全編が凝った編集にあふれているのも良い。
僕が好きなのは、ポンポさんとアランがカフェで向かい合って座って予算の話をしているシーンだ。オーソドックスなつなぎだが、実に順番が的確だ。2人が向かい合っているのを2ショットで捉える、奥には大きな窓があって強い西日が差し込んでいるため、2人は逆光気味で暗く映っている。2人が困難な問題を抱えていることを示唆しているカットだ。そして、2人の正面カットを切り替えしてつなぐのだが、西日によって顔の半分が影に覆われている。2つに分断された顔が、やるかやらないのか、2つの選択肢の決断をする場面であることを伝え、やると決めた2人を今度がカメラが窓側に入り、2人の未来を暗示するように明るく照らしている。このつなぎの順番を逆にしてしまうと、物語の展開は理解できても、伝える力が弱くなるだろう。
このように、つなぎ方にもちゃんと意図がある。素材の強さを何倍にもしてくれるのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
杉本穂高

5.0一見するとタイトルもキャラクターデザインも弱い。でも実は凄く面白い映画! 騙されたと思って見てほしい作品!

2021年6月3日
PCから投稿

まず正直に言います。タイトルは魅力を感じにくいですし、キャラクターデザインもどこかB級感が漂っています。試写で見るまでは「たぶん日本の学校を舞台にした自主製作映画のような作品だろう」と。
ところが、全くスケール感が違っていました!
「日本の学校を舞台にした自主製作映画の物語」どころか、「ハリウッド(正確にはニャリウッド)を舞台にした本格的な実写映画製作の物語」でした。
アニメーション映画なのでキャラクターは日本語を話しますが、書き文字はすべて英語です。
「ポンポさん」というのは、「ジョエル・ダヴィドヴィッチ・ポンポネット」という映画プロデューサーのあだ名で、パッと見に反して、内容はかなり本格的な作品だったのです。
本作では、映画製作の舞台裏をテンポよく見せてくれます。
特に、「編集」を大きなテーマにしているだけあって、ここが大きな見どころの一つになっています。
エッジの効いた映像表現と、名作になるためのテーマを織り交ぜながら「夢と狂気の世界」を巧みに描き出しています。
これは、間違いなく名作と言える映画です。

私たちはふだん映画を見ますが、その理由はそれぞれあるでしょう。
ただ、本作には、誰もが共感できるような「答え」が描かれていると思います。
実は、本当に凄い作品は、本作のような「夢と狂気の世界」から生み出されているものなのです。
クリエイターらの「夢と狂気の世界」があってこそ素敵な時間が生まれているのです。
本作のような舞台裏に思いをはせる習慣が大切で、それによってもっと映画が好きになれるのだと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 45 件)
細野真宏

4.5おもしろくて面白くて、たのしくて楽しくて、涙が出るほど

CBさん
2021年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

この絵柄、宣伝だけを見て、この内容、この高まりを感じとれるだろうか、絶対無理だろう。
家族に聞くところでは、アニメで面白いと火がついて映画化されたとのことなので、知ってる人は知ってるのだろうが、少なくとも俺は、映画.com のレビューが無ければ、この映画と出会うことはなかっただろう。ありがとう、映画.com!

映画の一大拠点 "キャリウッド" で超有名プロデューサーだったお爺さんの人脈を引継ぎ映画製作に関わっているプロデューサーのポンポさん、その付き人をしている青年ジーン、オーディションに挑み続け落ち続けているナタリー、ポンポさんが作っているB級映画の常連女優ミスティアの4人で始まり、ポンポさんの脚本でナタリーを主演女優においた映画に名優マーティン・ブラドックを招いてジーンが監督として撮る映画の話。

「プロデューサーってなにやってる人?」という長年の疑問が氷解し、映画製作の面から映画の楽しさを味あわせてくれる。"あてがき" の意味もわかったし。力量じゃ残念ながら文字じゃ表現できないけど、冒頭に書いたとおり、90分間ずっと、おもしろくて面白くて、たのしくて楽しくて、涙が出るほどだったよ。いやあ、最高!!

そして、なにげなく登場してきたジーンの高校時代の同級生アラン。君、すごくいい味出してるよ! きみがいなくても十分面白い映画だったと思うけど、きみのおかげで絶対おもしろさ倍増してるよ! もちろんオスカーにきみの名はないけど、俺が勝手に助演賞をあげるよ!!

おまけ
へえ、制作会社のCLAPって「この世界の片隅で」を描いたチームが作った会社なんだね。今後も期待します!

ここからはネタバレになっちゃうけど、気に入ったセリフ書いて残しちゃお! まだ観ていない人は、これ以降は観てから読んでね。

・ 映画って、女優を魅力的に撮れれば、それで十分でしょ。
・ 大作で心を打つより、おバカ映画で感動させる方がかっこいいでしょ。
・ 一瞬のきらめきを逃さぬよう、絵の感覚を磨いておいた方がいい。
・ その人を見た瞬間に、物語が頭にあふれてくる時がある。
・ このシーンを撮るために、ここまできた。
・ 自分の直感を信じないで、何を頼りに映画を撮ればいいのよ?
・ さあ、現場での思いと編集者としての客観性がぶつかりあう段階だ。
・ 編集者は、初めての観客だからね。
・ なぜ映画を好きになったの? 君は映画の中に自分をみつけたんじゃないの?
・ 君の映画の中に、"君" はいるかい? それが見つかったら、君のアリア(独唱曲)を映画の中に入れればいい。
・ 僕が映画に救われたように、僕が映画を作ってみんなに届けたい。
・ この映画は、あの日の "僕" に向けた映画だ。
・ 夢をかなえようとしている人がいたら、それを手伝うのが銀行マンだ。
・ 生きることは "選択" の連続だ。ひとつを選んだら、他は切らなきゃいけない。
・ だから、切れ! ただひとつ残ったものを手放さないために、

以下は共感はしないが書いとくか
・ 幸福は、創造の敵。現実から逃げた人間は、心の中に自分の世界を作る。社会的不適合者だけが、自分の世界を作れるんだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
CB
すべての映画レビューを見る(全200件)