COMPLY+-ANCE コンプライアンス

劇場公開日

  • 予告編を見る
COMPLY+-ANCE コンプライアンス
0%
46%
27%
19%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

俳優のほか「齊藤工」名義で映画監督としても活動している斎藤工が、企画・原案・撮影・脚本・監督ほかを務めた映画。加速する自主規制の波に対する忖度やコンプライアンス問題に一石を投じようと製作された一作で、日本における表現の限界に挑戦。規制もないのに少しでも問題が起こらないよう、あらゆる表現が控えめになってしまう日本の今のコンプライアンスにアンチテーゼを投げかける。「カメラを止めるな!」のヒロイン役で注目された秋山ゆずきを主演に、お笑いコンビ「アルコ&ピース」の平子祐希、「ラバーガール」の大水洋介、齊藤監督の前作「blank13」にも出演した曇天三男坊らが脇を固める。

2020年製作/70分/G/日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0忖度だらけの息苦しい現代を切り裂く

2020年10月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

齊藤工監督のポーカーフェイスで内に秘めた強い闘志が濃縮され、皮肉を込めて時代を抉ってきた。
映画・エンターテインメントとして楽しめるかは賛否が分かれると思うが、この分断が進み閉塞感漂う殺伐とした現代に一石を投じる意義ある作品。

劇場でのライブエンターテインメントに昇華したり、コロナ禍においても精力的にオンライン上映を取り組み、時代に合わせてアップデートしたりと、日々進化させていく映画として新しい試みを展開している。
日本映画界に新しいうねりを起こしてくれることがますます楽しみだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画野郎official

4.0現代芸術の祭典に行けば、よく見かける種類の映像作品なんですけど。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「カメラを止めるな」の主演女優・秋山ゆずき。
あの映画の中で私の個人的に印象に残ったのが、汚れ演技を監督が求めた時に「えー、私はいいんですけど事務所がぁ……」と「しらじらしくも」婉曲に断るシーンだったりするのですが、この映画、斎藤工はそこにインスパイヤを得たのかも知れません。

その秋山ゆずきが本作でも主演女優を演じています。
いろんな関係者に遠慮しまくって、「表現ができない表現者」をパロディにしたこの映画には、あのロジックが100倍、濃厚に膨らませて詰め込まれているようにも感じました。

音響がとても悪い(酷すぎる)ので、不快な時には遠慮なく耳を塞いだほうが楽しめます。
そういう意味で、とびきりヘンな映画ですが面白かったです。

ただ、斎藤工。
あなた、世間を見下しているでしょ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

バグったのか?

HEYROさん
2020年4月11日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HEYRO

3.5一つのテーマがあって、三監督が全く異なるテイストで表現しているのだ...

おれさん
2020年3月3日
iPhoneアプリから投稿

一つのテーマがあって、三監督が全く異なるテイストで表現しているのだが、おしゃれで見やすく、笑えて良かった。
思っていたより面白かったのでオススメ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おれ
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「COMPLY+-ANCE コンプライアンス」以外にこんな作品をCheck-inしています。